2023年08月10日

「縦中横」を使って半角数字を縦書きにすると文字間が空いてしまう

「縦中横」のご案内をしたところ、縦書きにした文字間が空きすぎてしまうとの事。

230810tatenakayoko1.png

おそらく、縦書き設定にして、半角数字を入力すると、文字が横になってしまうため、


230810tatenakayoko2.png

1文字ずつ「縦中横」の設定をしたところ、数字は縦向きになってくれたものの、文字間が空いてしまうという現象の事ではないかと思います。残念ながら手軽に調整する機能は無いようで、

230810tatenakayoko3.png

フォントを変更することで、文字間の空き量が変わります。もともと「游明朝」で空きすぎていたものを「MS明朝」に変更することで、だいぶんマシになったようには思います。適切に見えるフォントを試して探してみるか、

230810tatenakayoko4.png

このような例は、半角数字で入力すること自体が間違った選択のような気がします。上図は游明朝のままで、全角数字で入力しています。本来はこうすべきであると思います。

但し、どうしても文字間を調整したい…となれば、フィールドコードを利用する方法もあるかと思われます。

230810tatenakayoko5.png

「縦中横」を設定している個所ではないところにカーソルを置いて「Ctrl+F9」を押すと、上図のような括弧が現れます。普通に中括弧を入力しているわけではありません。また「縦中横」を設定された箇所で、作業をしてしまうと、{}が縦中横の一部として認識されてしまうため、うまくいきません。必ず別場所で作成したコードを貼り付けてください。

230810tatenakayoko6.png

この括弧の中に、上のように入力します。[EQ]フィールドは数式を生成し、変位 \d で次の文字が描画される場所を制御できます。「\fo」に続く数字を変更して間隔を調整します。整数のみ可能で、大きいほど間隔は広がり、小さいほど狭くなります。

230810tatenakayoko7.png

このコードを各文字の間にコピーして、{ }の部分を全て含むように範囲選択して、Shift+F9を押してください。

230810tatenakayoko8.png

游明朝のままで、文字間が調整できます。

繰り返しになりますが、このような手間暇をかける意味をあまり感じません。最初から全角で入力するのが賢明ではないでしょうか。
posted by らぼ at 16:15| Comment(14) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月24日

アウトライン化すると、表内の文字が二重になる

インデザインで作成した表内の文字をアウトライン化したところ、印刷所から文字が二重になっているとの指摘を受けました。なぜ、このような事が起こり、どう対処すればよいのか記録しておきます。

230724outline1.png

インデザインでサンプルとなる表を作成しました。

230724outline2.png

全選択したうえで、

230724outline3.png

アウトライン化の命令を出しています。このまま、選択されている対象をドラッグで移動させてみると、

230724outline8.png

確かに、タイトル文字部分は移動して文字位置が変わりますが、表内文字は移動した後に、文字が残っており、これが二重になっている現象です。

これは、何度繰り返しても同じで、表内文字はアウトライン化と同時に、アウトライン化されない文字が残り、アウトライン化した情報を重なっていると、文字が二重になってしまいます。調べてみましたら、インデザインで確認されている現象のようです。

230724outline4.png

ここから対処する場合は、表内のアウトライン化した文字を移動させ、アウトライン化していない表内文字を削除し

230724outline5.png

空になった表内に、アウトライン化した文字を戻すという面倒な方法をとる必要があります。

230724outline6.png

ちなみに全選択で表もオブジェクトとして選択してしまわずに、表内の文字を範囲選択してから、

230724outline7.png

アウトライン化したところ、アウトライン化されない文字が残って二重になるというトラブルは防げるようです。一気に全選択して、表内文字も表外文字も同時にアウトライン化する…といったやり方をせず、別途丁寧にアウトライン化する方が手間が省けそうです。



posted by らぼ at 18:05| Comment(7) | インデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月29日

外国語の文字を入力する(3)

もう一つの方法は、パソコンに必要な言語をインストールしてしまう方法です。

230629gaikokugo1.png

[設定]を開きます。

230629gaikokugo2.png

「時刻と言語」を選択して

230629gaikokugo3.png

「言語」を選択すると、「優先する言語」の個所に「言語の追加」が表示されますので、これをクリックします。

230629gaikokugo4.png

使用したいと思っている言語を選択します。ここでは「ドイツ語」を選んでみました。「次へ」進めると

230629gaikokugo5.png

インストールの設定ウィンドウが表示されます。「自分のWindowsの表示言語として設定する」のチェックがついていない状態で、インストールボタンをクリックします。

230629gaikokugo6.png

選択した言語のダウンロードが始まります。

230629gaikokugo7.png

ダウンロードが終了すると、「優先する言語」に日本語と並んでインストールした言語が表示されます。インストール作業はこれで終了です。

230629gaikokugo8.png

複数の言語を入れていると、Windowsの通知領域に「言語を切り替える」ボタンが表示されます。これをクリックすると、通常の「日本語」から他の言語に切り替えることができるようになります。

230629gaikokugo9.png

パソコンのキーボードがドイツ語キーボードに変わった状態です。但し、どのキーを押せば目的の文字を入力できるかというのが分かりませんので、調べる場合は、

230629gaikokugo10.png

スタートボタンから「Windows簡単操作」の「スクリーンキーボード」を選んでみてください。

230629gaikokugo11.png

「スクリーンキーボード」とは、上図のような画面がデスクトップ上に表示され、マウスのクリックでその文字が入力できるようになる機能ですが、これを見ることで、どのキーを押せば「ö」「ä」「ß」の文字が入力できるかがわかります。よく使うキーを覚えておけばよいでしょう。「;」のキーで「ö」、「:」で「ä」、「−」で「ß」が打てるのが分かりますね。

posted by らぼ at 09:58| Comment(2) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする