2018年05月21日

MS-IMEを普段使う言語に設定したい

使っているパソコンに「MS-IME」と「ATOK」の双方が入っていて、「MS-IME」の方を通常使う言語に設定したい…とのご希望です。「MS-IME」に切り替えても、またすぐに「ATOK」に戻ってしまうようです。

180521gengo1.gif

[コントロールパネル]から[入力方法の変更]を選択してください。

180521gengo2.gif

「言語」ウィンドウで、左側の[詳細設定]をクリックします。

180521gengo3.gif

「詳細設定」ウィンドウの「既定の入力方式の上書き」の個所で「日本語-Microsoft IME」を選択し、[保存]ボタンを押します。
posted by らぼ at 17:09| Comment(0) | IME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

特定のサイトをすぐに開きたい

良く見るホームページを簡単に開きたい…といった趣旨で説明をしてみます。ご質問の趣旨と違っていたら、ご指摘いただけますでしょうか。

180520pin1.gif

当サイト「ぱそらぼ(ぱぁと2)」のページを使って説明させていただきます。まず該当ページを開いていおいて、

180520pin2.gif

右上のメニュー(…)から[このページをスタートにピン留めする]という命令を選択します。

180520pin3.gif

確認をしてきますので、もちろん「はい」と答えてください。

180520pin4.gif

ご質問をくださった方は、何となくブラウザの画面から、該当ページに行こうとされている感があるのですが、スタートメニューというのは、Windows10のスタートボタンを押したときに、表示されるメニューの事です。上図は、私のパソコンのスタートメニューですが、右下に「ぱそらぼ(ぱぁと2)」のタイルができているのがお分かりでしょうか。このタイルを利用するのには、あらかじめEdgeを立ち上げておく必要はありません。このスタートメニューからタイルをクリックすれば、ブラウザが起動して、ページが読み込まれます。ワンタッチです。

180520pin5.gif

ブラウザを起動したときに、すぐに表示しておきたい(つまり、ホーム画面にしたい)というのであれば、Edgeの右上のメニュー(…)から[設定]を選択してください。

180520pin6.gif

「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」を「特定のページ」にしておいて「新しいページの追加」をクリックしてください。URLを入れる窓が開きますので、そこに設定したいページのURLを記入し、右の[保存]ボタンを押します。私のEdgeの場合、元は「google.co.jp」がトップ画面に設定されていましたので、こちらを削除しない限り、2つのタブが有効になってEdgeが起動することになります。ただ、いくつかのページを見たい…と言うのであれば、すべてのページが起動してくるのも面倒です。

180520pin7.gif

…ので、お気に入りに登録するというのが、一番現実的でしょうか。該当ページを開いておいて、アドレスバーの右側にある星マークをクリックします。

180520pin8.gif

どこに保存するのか場所を聞いてきますので、お好きな場所を指定してください。ここでは「ブックマーク」のままで保存してみます。

180520pin9.gif

お気に入りから「ブックマーク」の個所に、該当のページが追加されますので、ここからページを開くことができます。

180520pin10.gif

最後に、Edgeの新しいタブを開いた時の「トップサイト」に登録されていると、簡単にページに行けて便利です。但し、このトップサイトはあくまで閲覧したページの履歴ですので、一度やはりページを開いて、該当ページが履歴として並ぶのを待ってください。右下の「ぱそらぼ(ぱぁと2)」のタイルには左上に「このサイトを固定」という押しピンマークがありますので、これを押しておけば、トップサイトが履歴によって流れてしまわず、いつでもこのリスト中に表示させておくことができます。

以上、勝手にEdgeでのご質問という事で、答えていますが、ご質問の意味が違っているでしょうか。


posted by らぼ at 14:58| Comment(2) | edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

インデザインにエクセル表を取り込む

インデザインにエクセルの表を取り込むことはできますか? はい、可能です。

180519indd1.gif

エクセルで作成した表があるとします。ファイルは名前を付けて保存しておきます。

180519indd2.gif

インデザイン側でテキストフレームを作成します。

180519indd3.gif

[ファイル][配置]命令で

180519indd4.gif

該当のエクセルファイルを指定します。左下の「読み込みオプションを表示」のチェックをつけておくと

180519indd5.gif

どのシートを読み込むとか、どのセル範囲を読み込むとかの設定をすることができます。表のフォーマットを読み込むか読み込まないかなどの設定も可能です。

180519indd6.gif

エクセルの表を読み事は出来ましたが、ルビが表示されてしまいましたので、

180519indd7.gif

右クリックで[ルビ][なし]を選択しました。

180519indd8.gif

ちなみにエクセルの表を範囲指定して、コピー後

180519indd11.gif

インデザインにそのまま貼り付けると、上図のように、データだけが貼り付けられました。

180519indd9.gif

そこであらかじめ[編集][環境設定][クリップボードの処理]で

180519indd10.gif

「ペースト」の項目で「テキストのみ」から「すべての情報」を選び直して、改めてコピーし直したところ

180519indd12.gif

キチンと貼り付けることができました。



posted by らぼ at 23:50| Comment(2) | インデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする