2017年11月17日

スタートメニュー内に新しいグループを作成する

Windows8の時は、初期画面が2種類ありました。スタート画面と呼ばれるタイルが並んだ画面と、デスクトップ画面です。タイルが並んだスタート画面は、Windows8で初めて登場した画面で、多くの戸惑いを生みました。Windows10になってからは、独立したスタート画面は無くなり、スタートボタンをクリックしたときに表示される「スタートメニュー」内に、タイル画面が併設される仕組みに変わりました。

171117start1.gif

スタートメニューは、左側に表示されている「アプリ一覧」と右側に表示されるタイルが並んだ画面の双方を持ちます。但し、この右側には、最初から使わないタイルがいくつも配置してあったりします。これらのタイルは、自分の使い勝手に合わせて、追加したり、削除したり、場所を入れ替えたりすることができます。

171117start7.gif

左側のアプリ一覧で、目的アプリの上で右クリックすると「スタートにピン留めする」という命令が選べますが、これで右側にタイル表示することができます。

171117start6.gif

逆に表示されているタイルを右クリックすると「スタートからピン留めを外す」という命令が選べ、これでタイルを削除することができます。いずれにしても、メニューに表示するかしないかだけの話で、パソコン内のアプリを削除したりするものではありません。

171117start2.gif

ご質問は、どうやって新しいグループを作成するのか?というものだったのですが、作成されたタイルはマウスのドラッグで好きな位置に入れ替えることができます。タイルを他のタイルから離した位置にドラッグすると、勝手にグループが作成されます。

171117start3.gif

タイルを動かした位置に作成された新しいグループには、まだ名前がありませんので「グループに名前を付ける」といった表示になります。

171117start4.gif

この箇所をクリックすると、自動的に文字入力できるウィンドウが開き、文字を入力することができますので、適切なグループ名を入力してください。

171117start5.gif

これでスタート画面内に、新しいグループを作成することができています。普段使わないタイルは削除し、頻繁に使う物を登録し、カスタマイズして使いやすくしてみてください。
posted by らぼ at 18:11| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ワードでPDFを開きたい

エクセルと同様、ワードにPDFファイルを表示させたい時は、[挿入]タブの[オブジェクト]を使います。但しワード2013以降は、ワードで直接PDFファイルを開くことができるようになりました。

171116pdf1.gif

実際に、ワード2016を使って、PDFファイルを直接開いてみましたら、上図のような警告ウィンドウが表示され、要するにキチンと変換できないかもしれない(笑)と書いてあるようです。実際、ワード画面に表示させることはできましたが、全体が図のようになっていて、文字列の編集等もできない状態でした。

171116pdf2.gif

試しに…と、AdobeのAcrobat X Proを使って、Word文書にしてみましたが、こちらも大きな画像として入り込んで来る部分が多く、文字の部分はワードの文字列になっていましたが、フォントなどが変更されてしまっており、実用に耐えるクォリティはなかったような気がします。
posted by らぼ at 21:37| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

エクセルにPDFをそのまま挿入できませんか

PDFは図そのものではありませんので、図の挿入コマンドなどではエクセル画面に挿入することはできません。

171115pdf1.gif

[挿入]タブから[オブジェクト]を選んでください。

171115pdf2.gif

「オブジェクトの挿入」ウィンドウが表示されますので、「ファイルから」のタブで「参照」ボタンを使いファイルを指定してください。

171115pdf3.gif

ファイルを指定してOKすると、

171115pdf5.gif

エクセルワークシートにPDFを挿入することができます。

171115pdf4.gif

但し、PDFファイルを別のアプリで開いていたりすると、挿入することができませんので注意が必要です。

あるいは、PDFファイルを図に変換すると「図の挿入」コマンドを利用することができるようになります。
171115pdf6.gif

AcrobatなどのPDFを編集できるソフトがあれば問題はありませんが、readerしかないという場合は、reader画面で[編集][スナップショット]を選択し

171115pdf7.gif

必要箇所をドラッグしてください。今回はファイル全体をドラッグして指定してみました。すぐに「選択した領域がコピーされました」のメッセージが表示されますので、

171115pdf8.gif

エクセル上で[貼り付け]命令を出すと、PDF画面を図として貼り付けることができます。
posted by らぼ at 20:59| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする