2015年09月15日

パワーポイントに「セクション」の画面が表示されてしまいました

パワーポイントのファイルに、いつのまにか「セクション」といった表示が出てしまいました。

作成したスライドの枚数がトテモ多いと、スライドの入れ替えやスライド操作が大変煩雑になります。このような場合に、パワーポイントには「セクション」という機能が付いており、複数のスライドをグループ化してまとめて取り扱うことができます。(パワーポイント2007以前のものには、この機能はありません。)

150915section1.gif

スライド作成直後には、セクションはありません。ファイルを幾つかのセクションい分けたい時、標準表示の左側のスライドタブで、セクションの先頭と考えるスライド上で、右クリックし、[セクションの追加]を選択してください。

150915section2.gif

「タイトルなしのセクション」といったセクションができますので、右クリックをして[セクション名の変更]を選んでください。

150915section3.gif

適当な分かりやすいセクション名に変更する事ができます。

150915section4.gif

これを繰り返すことで、複数スライドを幾つかのグループ(セクション)に分けることができるのです。いつの間にか表示されてしまった「セクション」は、誤ってこのセクションを追加してしまわれたせいでしょうか。

150915section5.gif

セクション区切り上で右クリックし[すべて折りたたみ]を選択すると

150915section6.gif

個別のスライド表示はされずに、セクションだけの表示にすることができ、スライド全体の構造が良く理解できるようになります。また、この状態で、セクションごと順序を入れ替えたりすることができます。

150915section7.gif

必要であれば、区切りをダブルクリックすることで、該当のセクションだけ開いたり下りた段ダリすることができます。

150915section8.gif

右クリックして[すべてのセクションの削除]を選択すると、

150915section9.gif

セクションが削除されて、元の状態に戻ります。
posted by らぼ at 21:22| Comment(0) | パワーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

ホームページビルダーのビジュアルサイトビューのファイルが逆になった

ホームページビルダーで、ホームページのファイルの編集をしたものの、いつのまにか、ビジュアルサイトビューのファイルの位置が変わってしまいました。私の手元のホームページビルダーは、何とバージョンが9でした。今現在は、18でしょうか。もう化石のような(笑)バージョンですので、何も無いよりはマシかと画面ショットを撮りましたが、旧い画面ですので、ご容赦下さい。

ホームページビルダーには、ビジュアルサイトビューと呼ばれる、サイト全体の構成図のようなものを表示することができます。[サイトの確認]をクリックすると、このサイトビューが表示できますので、全体の構成を確認しながらホームページ作成作業を進めることができます。実際のサイトがありませんので、イメージ図で申し訳ありませんが、

150910builder1.png

通常は、一番トップページになるはずの「index.html」ファイルの下位に、リンクページが並ぶように見えるはずです。ここでは、リンクページを仮に「a.html」「b.html」と模式化してみています。index.htmlが左に表示され、その右に枝分かれしてa.htmlとb.htmlファイルが配置されています。

150910builder2.png

それが、フト気が付けば、サイトビュー上で、index.htmlがa.htmlの下位に配置されているというものです。結論から書きます。(実際は、あたふたして最終的に無事にたどり着いた感じです。)

150910builder3.gif

[サイト]メニューの[サイト一覧/設定]を選択すると、

150910builder4.gif

ビルダーで管理している、ホームページのサイト一覧が表示されます。上図は、随分旧いホームページビルダー9を久々に立ち上げた画面ですので、作成していたサイトも別フォルダーに移動などしており、軒並み「トップページが見つかりません」というエラーメッセージの表示になってしまっています。結局、今回のトラブルも、これらのように「トップページが見つかりません」という表示が出てしまいました。目的のサイト名をクリックして選択し、右の[編集]ボタンをクリックします。

150910builder5.gif

すると、[サイトの設定]のダイアログボックスが表示されます。「トップページ」に記述されているファイルを訂正すれば、トップページが見つかりません…という状態から抜け出ることができるはずです。そこで、右にある「参照」ボタンをクリックして、正しいトップページファイルを探して、キチンと指定します。今回の例で言えば、このトップページの設定が「a.html」になってしまっていたために、「トップページが見つかりません」というメッセージが出ていました。再度「index.html」に変更する事で、サイトの設定は元に戻り、ビジュアルサイトビューも

150910builder1.png

あるべき状態に戻りました。



posted by らぼ at 21:16| Comment(2) | ホームページビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

Wi-Fiが頻繁に切れてしまう

最近、Wi-Fiがよく切れるのですが、ルーターの寿命でしょうか?といったご質問を伺いました。ルーターの寿命? さて…。 ということで、少し調べてみましたが、電子機器の寿命は、意外と長いのだそうです。回転部分がある機器は別で、DVDドライブや、CPUクーラー、HDD、電源部を持つパソコンはその範疇には入らなさそうです。後、コンデンサーは、熱に弱いらしく、コンデンサー部分を持つ場合は、狭いところに入れておいたりすると、故障を起こすことが多いとか。

で、ともかくWi-Fiルーターは、そうそう寿命が来てしまうものとは考えにくいようです。では、Wi-Fiがよく切れてしまう…というのは、一体原因がどこにあるのか?というと…。

無線LANに搭載されているROMにはプログラムが組み入れられており(ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在として、ファームウェアなどと呼ばれるそうです)、このファームウェアは不具合や新しいデバイスに対応するなどの目的で、メーカーで随時更新されています。ネットで、お使いのWi-Fiルーターのメーカー名や型番を入れて検索し、バージョンアップデータがあるかどうか調べてください。あれば、パソコンにダウンロードした上で、ルーターとパソコンを繋いでインストールします。詳しくは、お使いのルーターの説明書をご覧ください。

あるいは、近くに他の無線LANルーターやアクセスポイントが多くあるような場合は、数多くの電波を感知してしまうために、しばしば切れてしまうことが起こります。一番簡単には、アンテナの向きを変更するとか、ルーターを窓際から別の場所に移動させる…といった簡単な措置で、回復する場合もあります。そんな事ではダメという場合、使用する無線LANのチャンネルを変更するといった対処も可能です。同じ周波数帯の電波が使われていると、当然ですが干渉し合います。ご近所の電波が影響を与えている事もあるみたいです。チャンネルを変更する場合も、メーカー名や型番を入れてネット検索をしていただくと、操作方法も出てくると思います。基本、パソコンと機器を近いところに置いて、パソコン側から機器のユーティリティ設定ツールを起動して、WEB設定ページを開いて変更するようです。

勿論、他にも原因が色々考えられるようですが、最終的にどれもダメなら機器の故障を疑うという事になります。詳しくは、機器のメーカーに問い合わせるのが、いいかも知れませんね。
posted by らぼ at 20:24| Comment(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする