2015年12月25日

仮想デスクトップ

愛機のOSをWindows10にアップグレードしたことで、Windows10のちょっと面白い機能。仮想デスクトップ。

151225kasou1.gif

タスクバーに表示されている「タスクビュー」とヒント文字が表示されるこのアイコンは、いったい何をしてくれるのか?気になります。

151225kasou2.gif

クリックすると、現在のデスクトップ画面が少し靄がかかったかのようになって、右下には「新しいデスクトップ」というマークが表示されてきました。

151225kasou3.gif

この場所をクリックすると、実は今まで作業をしていたデスクトップ以外に、もう一つ別個にデスクトップ画面が表示されてきました。ここには、何のソフトも起動していません。

151225kasou4.gif

画面下部中央では、最初から仕事をしていた「デスクトップ1」と、今新たに起動した「デスクトップ2」が切り替えられるようになっています。仮想デスクトップと呼ばれている、Windows10からの新機能です。仕事をいくつかの画面に整理分割できる機能…と説明をすればよいでしょうか。パソコンはマルチタスクですから、複数のソフトを起動して切り替えながら仕事を進めることができます。ただし、デスクトップの広さは限られていますから、複数のソフトを起動していると、画面は手狭になり、一々切り替えるのが場合によっては面倒な場合もあります。この仮想デスクトップは、そのようなソフトを別画面で扱うことができるような機能です。

151225kasou5.gif

今現在のデスクトップには、2つのソフトが起動しているのですが、その一方の上にマウスポインタを置いて、右クリックをすると[移動]というメニューが選べるようになっていて、「移動」にマウスポインタを合わせると、「デスクトップ2(先ほど作成した新しいデスクトップ)」なのか、「新しいデスクトップ」をもう一つ起動してそちらに移動させるのかが選べます。

同時に複数ソフトを起動して、作業をしている者には、ちょっと面白い機能です。
posted by らぼ at 22:13| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Windows10へのアップグレード

今夏より、Windows10が発売され、Windows7とWindows8の正規ユーザーは、無償でバージョンアップができるようになっています。

151214win10-1.gif

タスクバーの通知領域に、Windowsのスタートボタンのようなデザインのボタンが表示され、そこから「Windows10へのアップグレード」を推奨するメッセージが表示されるようになっているかと思います。このアイコンが表示されない場合は、お使いの機種がWindows10に対応していない可能性があるようですので、十分に調べてみてください。

さて、その通知領域のボタンから「今すぐアップグレード」を選択し、「準備ができたら通知する」というボタンを押したにも関わらず、「準備が整った」という通知が来ないのですが…?というご質問です。マイクロソフト社は、Windows10へのアップグレードを順次進めていますので、いましばらく待っていただければよいかと思います。通知が来るのには数日はまたは数週間と明記されていますので、「今」にも状況が整うかと待っておられる方からすると、なかなか来ないという状態かと思います。

実は…私…、愛機のWindows7のデスクトップとWindows8のノート、思い切って、Windows10にアップグレードを済ませました。通知を待っているのになかなか来ない…と思っておられる方がおられましたら、まず該当のパソコンをネットに繋げてしばらく放置してみてください。この「準備」は、お使いのパソコンの状況をネット経由で調べたうえで、Windows10が有効であると判断してから、通知が来ることを考えてみると、パソコンの電源を切って、ネットもつながらない状態でいくら放置していても、通知は来ないと考えるのが妥当でしょうか。パソコンにちょっと自信が無いなと思われるなら、ぜひマイクロソフトのお墨付きが届くのをしばらくお待ちください。

尚、私はこの際ですから、自分でWindows10をダウンロードして、インストールをしました。さしたトラブルも無く、まぁまぁの時間内でインストール作業は終了し、無事にWindows10がつかえています。今のところ、特に問題もなく、随所で「あれはどこに行った?」「これはどこに?」は出くわしますが、ソフトが変わるということはそういう事ですので、しばらくは仕方がないかと思っています。…にしては、戸惑いは少ないほうだと思います。

アップグレードされる方は、プリンタやウィルスソフトのWindows10対応を確認してから、作業するようにしてください。
posted by らぼ at 17:14| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

グラフタイトルに2つのセルのデータを反映させたい

エクセルではデータをもとにグラフを作成することができます。

15122grph1.gif

このグラフにタイトルを追加しますが、セルのデータを反映させたいと思います。

15122grph2.gif

「グラフタイトル」というグラフタイトルが表示されたら、数式バーをクリックして、等号に続けて、反映させたいセルをクリックして選択します。「=Sheet1!$B$2」といった風に式が作成されて

15122grph3.gif

Enterで確定すると、セルB2のデータがそのまま「支店売上」とタイトル文字に反映されます。

15122grph4.gif

このグラフにデータを追加して、複合グラフにしてみました。こちらの追加データは、顧客数のデータなので、このタイトル文字を先ほどのタイトルとくっつけて表示させたいと思います。

15122grph5.gif

が、上図のように「=Sheet1!$B$2」に「&」を挟んでもう一つのセル参照を続けてみても

15122grph6.gif

エラーになって、タイトルに反映されません。

15122grph7.gif

同様のことを実現するには、あらかじめ、2つのセルのデータを合体させたものを格納したセルを用意する必要があります。どこか適当なセルに「=B2&I2」といった風に、2つのセルのデータを合体させる式を入れました。

15122grph8.gif

グラフタイトルには、この合体して作成したセルを利用して

15122grph9.gif

データを反映させてください。







posted by らぼ at 21:32| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする