2016年03月28日

表のセル内にカーソルが表示できず、文字が入りません

ワードに表を挿入したのだけれど、あるセルにだけ、どうしても文字入力ができない…というご相談がありました。

160328hyou1.gif

上図のような表を作られていました。最後のセルに「3月」と入力しようとするのに、文字が入力できないということです。

160328hyou2.gif

例えば「2月」のセルをクリックすると、セル内にカーソルを表示させることはできます。

160328hyou3.gif

が、「2月」のセルから下向き矢印を押しても、マウスポインタでセル内をクリックしても、その下の「3月」と入れるべきセルには、cursorを表示させることができないというものです。確かに、試してみましたが、カーソルは表示されません。セル内をくりっくしているわけですから、カーソルは表示していなくても、このセル内にカーソルは「ある」ものと考えられます。

160328hyou4.gif

その状態で「水平ルーラー」部を見てみると、左のインデントマーカー群が、白の領域から随分左へはみ出しているのがわかります。

160328hyou7.gif

本来、インデントマーカーは、ルーラーの白くなっている部分の左端になければなりません。つまり、入力ができないというセル内には、左インデントが、セルよりもかなり左の方に大きくはみ出して設定されているという事になり、表示されているはずのカーソルは、セル内の先頭よりももっと左に入ったところに表示されてしまっているのです。(当然、この位置ではカーソルは表示されません。)

160328hyou5.gif

試しに、カーソルが表示されているものと想定して、文字入力をしてみると、何文字目かでやっとセル内に文字が見えて来ました。

160328hyou6.gif

ですので、このセル内に設定されている「インデント」を解除して、無事に解決。セル内にカーソルが表示できましたので、

160328hyou8.gif

無事に「3月」の入力も入れることができました。

posted by chiko at 21:30| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

差し込み印刷がうまくできません

先日、差し込み印刷の手順のお尋ねがあったので、口頭でざっくりと説明をさせていただきました。やってみます!と言われていたのですが、「やはりできません」との再度のご質問。今回は、チャレンジされたファイルを持って来られていたので、あっさり解決。実際のご本人のデータは載せることができませんので、ここはダミーのデータを作っての画面ショットです。

160308sasikomi1.gif

ワード側では、既に差し込みたい文書を作成しておられました。身近な例で、中学校の生徒の試験点数を記録した成績票のようなものをイメージしています。

160308sasikomi2.gif

…、で勿論、差し込むデータをエクセルファイルで作成。念のため…とエクセルファイルを開かせていただいたところ、一目で「これはダメ!です」。お持ち込みのデータの雰囲気だけ、伝われば良いかと、上図のようなエクセルファイルを作成してみました。確かに、生徒氏名と中間テストや期末テストの各教科の点数は表になっています。まず第一にこのシート、データがゴチャゴチャし過ぎです。差し込み印刷に指定しても、このシート内のどのデータを差し込んでいいのやら、サッパリ見当がつかないはずです。更に、肝心の表ですが、フィールド名(項目名)が2行にまたがっており、おまけにセル結合などが施されています。データファイルとしてのエクセルは、もっとシンプルに、フィールド名も1行だけにしてスッキリとしたデータを心がけてください。

160308sasikomi6.gif

で、作り直したデータファイルがこちら。ワークシートの先頭からいきなり、データ表を作っていただいて大丈夫です。先ほどのような説明を色々書いたエクセルファイルが必要なら、そこから転載したシンプルなデータファイルを作成してください。

160308sasikomi3.gif

ワードで[差し込み印刷]タブの[宛先の選択][既存のリストを使用]を選んで、作成しているエクセルファイルを指定してください。

160308sasikomi4.gif

エクセルには複数のシートが入っている場合がありますので、どのシートのデータなのかを尋ねてくる場合があります。今回は「Sheet1」に作成しているので、「Sheet1」を選択します。

160308sasikomi5.gif

先ほどの煩雑なエクセルファイルの場合、どれがデータなのかが絞り込めずに、[差し込みフィールドの挿入]ボタンをクリックしても、キチンとしたフィールドを選択することができません。

160308sasikomi7.gif

作り直したスッキリしたエクセルファイルの方であれば、エクセルデータ内のフィールド名の一覧がキレイに表示されます。

160308sasikomi8.gif

順次、カーソルを移動させながら、必要なフィールド名をその都度挿入して行ってください。二重の山形括弧に囲まれたフィールド名の形で、ワード文書に挿入が済みます。

160308sasikomi9.gif

そのままでは、挿入したフィールド名が見えているにすぎませんので、[結果のプレビュー]ボタンをクリックします。

160308sasikomi10.gif

これで、実際のデータに準備されている、それぞれの点数や氏名が、あらかじめフィールド名を埋め込んだ場所に、具体的に表示されます。差し込み印刷がうまくいかない…という時は、データファイルがスッキリと作成できているかどうかを振り返ってみるのも効果的かも知れません。
posted by chiko at 21:50| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

Windows10でムービーメーカーがうまく作動しない

Windowsムービーメーカーはマイクロソフトが開発したビデオの製作・編集に使用するソフトです。Windows VISTAリリース後、Windowsムービーメーカーの開発は中止され、後継アプリケーションとしてWindows Live ムービーメーカーが出され、Windows Liveから無料でダウンロードできるWindows Live Essentialsに含まれています。どちらかというと、以前のWindowsムービーメーカーの方が機能的には優れている(かと思います)ようですが、フリーで使えるソフトとして、結構手軽でした。ただし、Windows10用の提供はありませんでした。ただし従来通り、Windows Essentialsをダウンロードすれば、ムービーメーカーを10環境にインストールすることは可能です。あるいは、Windows7環境にあったムービーメーカーは、10にアップグレード後もプログラムとしては作動します。

160307moviemaker1.gif

但し、Windows10環境で、ムービーメーカーを作動させた場合、静止画像を組み合わせて、動画に繋ぎ合わせることは、従来通り可能だったのですが、

160307moviemaker2.gif

wmfファイルを開いたところ、警告アイコンが表示された状態で、何も表示されません。このファイルは、Windows7環境のムービーメーカーではキチンと作動していたものです。

160307moviemaker3.gif

wmfのファイルが読めないだけかと、mp4ファイルを開いてみましたが、これはタイムラインには画像がひょうじされるものの、ムービーをスタートさせても真っ黒で何も映りません。

160307moviemaker4.gif

QuickTimeで動かしてみると、wmfファイルも

160307moviemaker5.gif

mp4ファイルもキチンと再生されますし、

160307moviemaker6.gif

Media Playerでも、wmfファイルも

160307moviemaker7.gif

mp4ファイルも見ることができます。…で、情報を調べてみましたところ、どうやらWindows10環境では、同様の事が起こっている様子。必要なコーデックパックを落とすとか、方法をあるのでしょうけれど、しばらくマイクロソフトの対応を静観していようかと思います。

posted by chiko at 20:50| Comment(3) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする