2016年11月30日

PDFファイル上の色と同じ色を実現できますか

ワード画面上で、既存のPDFファイルの中の色と全く同じ色を使いたい…ということで、[書式のコピー]ではできないのですか?というご質問をいただきました。書式のコピーという命令は、ワード上で文字列の属性や、図形の属性をコピーするのに便利なのですが、残念ながらPDFではできません。

161130pdf1.gif

手近にあったPDFファイルということで、随分前に作った写真加工の講座のポスターを素材にしてみました。内容は随分以前の講座ですので、気になさらないでください。これはAcrobat ReaderでPDFが開かれているところです。

161130pdf2.gif

同じ色を作成するには、ウィンドウズ付属のソフトのペイントが有効です。勿論、他のPhotoshopなどのソフトで可能ですが、汎用ソフトとは言い難いので、どなたのパソコンにでも入っているペイントでご案内をしてみます。残念ながら、ペイント画面に直接PDFを開くことはできません。そこで、Acrobat Readerで開いておいて、画面のハードコピーをペイントに貼り付けてみました。上図は、ややこしくないように、ポスター部分だけをペイント上に残したまでで、実際は周囲のAcrobat Readerのメニュー等も映り込むはずですが、気にする必要はありません。

161130pdf3.gif

[ホーム]タブの[ツール]グループから[色の選択]をクリックします。スポイトアイコンです。

161130pdf4.gif

ペイント画面上に表示されているPDF図柄のうちの欲しい色の箇所にマウスポインタを置いて、クリックしてください。その個所の色を吸い上げることができます。

161130pdf5.gif

[色1]のところに、色が吸い上げられています。ここで[色の編集]ボタンを押してください。

161130pdf6.gif

[色の編集]ウィンドウが表示されますので、赤・緑・青の数値を読み取ってください。

161130pdf7.gif

後は、ワード側で図形を描き(ここでは長方形を描いています。初期値の色は青です。)、[図形の塗りつぶし]ボタンから[その他の色]を選択します。

161130pdf8.gif

先ほどペイントで読み取っておいた、赤・緑・青の数値をそのまま入力してください。同じ色が作れるはずです。

161130pdf9.gif

既定値の青が、先ほどのPDF上の色と同じ色になったはずです。
posted by らぼ at 18:30| Comment(2) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

Windowsのアップグレードをしたい

Windows8のサポートは2016年1月13日で終了しました。Windows8シリーズ自体のサポートは2023年1月10日までありますから大丈夫なのですが、マイクロソフトは最新の状態でなければサポートをしてくれませんので、Windows8は8.1 Updateを適用させていなければなりません。

Windows8.1 Updateは、Windows8のサービスパックといった位置づけにありますので、アップグレード期間が特に設けられているわけではなく、今でもアップデートは可能だと思います。但し、お使いの機種等の対応は事前に確認する必要があるでしょうし、データのバックアップなど事前準備もそれぞれに必要です。スタート画面からストアタイルを選択し、Windowsストアから更新プログラムをダウンロードします。

Windows10の無償アップグレード期間も過ぎましたので、Windows10へのアップグレードは有償になっています。従来のOSで発売されていた安価な「アップグレード版」というのは、マイクロソフトから提供されていません。Windows10 HOMEで約18,000円、Windows10 Proで約28,000円程度の値段を見かけます。

但し、あくまで情報として…ですが、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows10無償アップグレード」といったサービスは提供されているようです。
posted by らぼ at 21:58| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

Windows8でコントロールパネルを開く

Windows8のユーザーさんからのご質問で、「コントロールパネルはどうやって開く?」。印刷をしようとしていて、うまくできなかったようで、何度か印刷命令を出してしまわれたらしく、印刷ジョブに複数のドキュメントがたまってしまっていました。これでは、次にきちんと印刷命令を出そうとしても、前の印刷ジョブが残ってしまっており、そちらの印刷が開始されてしまいます。プリンタのドキュメントをすべて取り消しておかれた方がいいですよ…と言ったところ、それはどうやって…?のご質問になりました。但し、この方のパソコンはWindows8との事。次の8.1のようにスタートボタンがありません。

161128conpane1.gif

いくつか方法はあるかと思いますが、とっさに思いついたのが(笑)、まずスタート画面のタイルも何もない箇所で右クリックをします。

161128conpane2.gif

すると下部に領域が表示されてきます。[すべてのアプリ]を選んでください。

161128conpane3.gif

アプリ一覧をスクロールさせれば、コントロールパネルが見つかります。

ついでに、プリンタオブジェクトを取り消すには…

161128conpane4.gif

コントロールパネルから[デバイスとプリンターの表示]を選択。(ちなみにここからの画面図は、Windows10の画面になっています。悪しからず)

161128conpane5.gif

Jプリンターの一覧から、お使いのプリンタをダブルクリックします。

161128conpane6.gif

使用しているプリンタの画面が表示されますので、[印刷ジョブの表示]ダブルクリック。

161128conpane7.gif

プリンタの印刷ジョブウィンドウが表示されますので、[プリンター][すべてのドキュメントの取り消し]を選択してください。あらかじめたまってしまっていた印刷ジョブは削除されます。
posted by らぼ at 16:46| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする