2017年03月31日

フォントサイズを大きくすると、突然行間が開くのはなぜですか

エクセルではセル内のデータのフォントサイズに合わせて、行高が広がりますが、フォントサイズに応じて適宜広がって行きます。ところが、ワードの場合は突然行高が不必要に広くなってしまう気がするのですが、なぜですか?というご質問。また、そうならないように、つまりフォントサイズに応じた行間になるようにするにはどうすれば良いのでしょうか?というご質問です。

170331gyoukan1.gif

まず、一番通常の状態です。ワード2010では「MS明朝」「10.5ポイント」が基本となっています。上図のような通常の行間で配置されます。

170331gyoukan2.gif

実は、[ページ設定]を開いてみると分かるのですが、通常の状態ではA4用紙に「36行」配置されていますから、余白値を差し引いて行数で割ることによって、行送りが「18pt」になっているわけです。

170331gyoukan3.gif

これらの数値の意味を理解しておきましょう。まず文字サイズは「10.5ポイント」になっています。行送りというのは(ここでは)文字の下端から下端までを言います。(上端から上端まで と言っても、中央から中央まで と言っても結局は同じです。)この文字の下端から下端までが「18ポイント」になっている。つまり、余白部分は「7.5ポイント」に相当しているわけです。

170331gyoukan4.gif

フォントサイズを「12ポイント」に上げても、これは同じです。文字が「12ポイント」、行送りが「18ポイント」、余白は「6ポイント」分空いていることになります。

170331gyoukan5.gif

フォントサイズが「14ポイント」になると、突然行間が開きます。計算上は「14ポイント」の文字に対して「4ポイント」の余白を残して、「18ポイント」の行送りが実現できるのですが、フォントにはその上下に多少の空間が必要なようで、この「4ポイント」の余白では文字を配置できなくなるようなのです。この「18ポイント」の行送りで表示させる「グリッド線」に文字を合わせる設定になっているために、「18ポイント」で足りないといきなり「36ポイント」になってしまうのです。

170331gyoukan6.gif

グリッド線を表示させてみると良く分かると思いますが、グリッド線が2本分使われている、すなわち「36ポイント」分が確保されてしまいますので、突然行が開いてしまうわけです。

170331gyoukan7.gif

では、どうすればそのように無駄に大きく開かないようにするのか?というと、[段落]ダイアログボックス内にある「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」というチェックボックスのちぇえくを外してしまいます。グリッド線は「18ポイント」ごとに引かれるけれど、文字は「グリッド線」の制約を受けないという設定です。

170331gyoukan8.gif

14ポイントでも開きすぎずに配置することができます。

170331gyoukan9.gif

このチェックが外れていれば、グリッド線の行送りに関係なく、それぞれのフォントサイズに応じた行間が確保されるようになります。
posted by らぼ at 20:58| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

背景の色が印刷されない

ワードには文書の背景に「色」を指定することができるようになっています。

170330pagecolor1.gif

[ページレイアウト]タブには[ページの色]ボタンがあって、カラーパレットから任意の色を選択する事ができます。

170330pagecolor2.gif

この機能を使うと、ページの背景を白でなくカラーにすることができます。(グラデーションなども可能です。)

170330pagecolor3.gif

ところが印刷すると、設定したはずの背景の色が印刷されないというもの。ここでは、実際の印刷物をお見せするわけには行きませんので、印刷プレビュー画面で確認していただくことにします。印刷プレビューの背景は「真っ白」で、設定した背景色が無くなっていることがわかると思います。

170330pagecolor4.gif

[ファイル]から[オプション]を選択して、[表示]を選択します。「印刷オプション」の中に「背景の色とイメージを印刷する」というチェックボックスがありますので、チェックを入れてオンにしてください。

170330pagecolor5.gif

印刷プレビューで、背景の色が変更されたのが分かります。
posted by らぼ at 20:56| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

半円の図形を描きたい

ワード(オフィス)には「図形描画」の機能が搭載されていて、円や四角形などを描くことができます。半円を描くことはできますか?というご質問。半円の図形そのものは準備されていませんが、色々工夫をすれば半円も描けるかと思います。

170329hannenn1.gif

図形描画のギャラリーから「楕円」を選ぶと、

170329hannenn2.gif

ドラッグで任意の楕円、クリックで正円が描けます。あるいは、Shiftキーを押しながらドラッグでも正円になります。

170329hannenn3.gif

図形描画で描いた図形はトリミングする事ができませんので、円をまずコピーした後、[貼り付け]▼から、[形式を選択して貼り付け]を選びます。

170329hannenn4.gif

どれでも良いと思いますが、図になるように、GIF、PNGなどの形式を選択すると

170329hannenn5.gif

図形ではなく、図として貼り付けることができます。

170329hannenn6.gif

[文字列の折り返し]は「前面」にしておいた方が、取り扱いに苦労しません。

170329hannenn7.gif

このようにして描いた図を対象に、[トリミング]命令を出せば

170329hannenn8.gif

半分だけをトリミングで切り落としてしまう事が可能になります。

170329hannenn9.gif

これで半円は描けますが、決定的な事が、塗りつぶしのし直しが効きません。

170329hannenn10.gif

そこで、今度は「図形描画」から「円弧」を選択します。

170329hannenn11.gif

これもドラッグで任意の円弧を描けますが、ワンクリックで描きます。(正円の1/4の円弧になります)。

170329hannenn12.gif

円弧に表示されている黄色のひし形(調整ハンドル)をドラッグすると、円弧の長さを延長する事ができます。きれいな半円になるところまでドラッグすると

170329hannenn13.gif

[図形の塗りつぶし]を使って、任意の色に後からでも塗り替える事が可能な半円になります。円弧部分は枠線が表示されますが、円の直径に当たる側には枠線は表示されません。

170329hannenn14.gif

他にも、「パイ」図形を

170329hannenn15.gif

ワンクリックで描いた後、黄色のひし形の調整ハンドルで

170329hannenn16.gif

半円にすることも可能です。
posted by らぼ at 21:52| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする