2017年03月28日

ページ番号を任意の数字からふりたい

ワードではページ番号を「1」以外から振ることができますが、エクセルでもできますか?というご質問。ハイ、できます。

170328pagebangou1.gif

エクセルのワークシートデータが多いと、1ページに入りきらず、印刷が複数ページにまたがります。通常、まずセルA1のある個所が1ページ目で、そこから下へ2ページ目…、最下部のデータが印刷されると、次に右ページが印刷されるようになります。つまり、その順にページ番号が振られます。

170328pagebangou2.gif

勿論、何も設定を変更しなければ、ページ番号は「1」から始まります。

170328pagebangou3.gif

開始ページ番号を変更したい場合、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループ右下のダイアログボックス起動ツールから

170328pagebangou4.gif

「ページ設定」ダイアログボックスを表示させます。「ページ」タブの一番下に「先頭ページ番号」の項目があり、通常は「自動」になっています。

170328pagebangou5.gif

この「先頭ページ番号」を任意の数値に書き換えますと、

170328pagebangou6.gif

最初のページのページ番号が「1」ではなく、指定した数値から始まります。

但し、この「先頭ページ番号」を「0」にしたからと言って、先頭のページ番号を非表示にすることはできません。指定した「0」は「0」として表示されてしまいます。

170328pagebangou7.gif

「先頭ページ番号」を「0」に指定した上で、「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブで「先頭ページのみ別指定」のチェックボックスをオンにしてください。先頭ページにはページ番号が印刷されなくなり、次ページから「1」「2」「3」…とページ番号が振られます。
posted by らぼ at 21:10| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

斜線を引いた表を作成したい

表の左上の項目が斜線で2つに区切ってある表をよく見かけます。そうした表をエクセルで作りたいのだけれど…というご相談です。

170327shasen1.gif

普通に考えれば、上のような表になるかと思います。エクセルのセルには、1続きのデータしか入れることができません。

170327shasen2.gif

そこで、左上のセルには「支店名」だけを入力し、「月」の文字はテキストボックスにして配置しています。テキストボックスは通常、背景色が白で塗りつぶされ、グレーの枠線で囲まれていますが、これを「塗りつぶしなし」「線なし」に変更すると、自由な位置に、文字を配置することができるようになります。ワード等でも良く使う手です。エクセルの罫線では、斜線も簡単に引けますので、上のようなすっきりとした表になります。但し、当たり前ですが、列幅の変更や表の移動の際には、このテキストボックスだけを別に動かさなければ取り残されてしまう事になります。

170327shasen3.gif

そこで、このような提案は如何でしょうか。上の表も、同様に斜線が引かれていますが、見てお分かりのようにセルは2つ使用して、それぞれに「月」「支店名」を入力しています。「月」だけは右揃えしています。隣の「4月」〜のセルは縦に2つのセルを結合してあります。こうすると、「支店名」と「月」をそれぞれセルのデータとして入れることができているので、表の移動時などに「月」だけが残されてしまう事が起こりません。

170327shasen4.gif

但し、そうなると問題は肝心の斜線をどう引くか?なのですが、上図は「図形描画」の直線を使っています。但し、描画時に「Alt」キーを押しながらマウスをドラッグすると、図形がワークシートの枠線に制約されることになり、必ずセルの角位置にキチンと合わせて引くことができます。

170327shasen5.gif

更に、こうしてAltキーを押しながら描画した直線は、列幅を変更したり

170327shasen6.gif

行高を変更するようなことがあっても、ワークシートの枠線の制約を受けるという性質は失われないため、セルの角位置から角位置までの斜線を保ってくれます。そして表全体を範囲指定して移動した場合、直線も共に移動してくれます。言う事なしだと思います。
posted by らぼ at 21:08| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

和暦日付を簡単に入力したい

エクセルでは、日付データだと認識されると、日付の書式で入力されます。

170326hiduke1.gif

ですから、「3/26」とスラッシュ形式で入力するだけで

170326hiduke2.gif

「3月26日」表示が実現できます。一々「3がつ26にち」などと入力して変換する必要はありません。逆を言うと、このように入力すると必ず「今年」の年数で入力されます。セルには「3月26日」と表示されていますが、

170326hiduke8.gif

数式バーには「2017/3/26」と理解されていることが示されています。

170326hiduke3.gif

入力する際に「h29」を添えると、平成29年として理解され、和暦表示することができます。但し、書式はスラッシュで区切るのではなく「h29.3.26」とピリオドで区切らなければなりません。

170326hiduke4.gif

簡易の和暦表示「H29」年として入力することができます。

170326hiduke5.gif

スラッシュで区切って入力したい場合も「29/3/26」と入れてしまうと

170326hiduke6.gif

当然「西暦」として理解されますから「2029/3/26」の日付になってしまいます。

170326hiduke7.gif

どうしても「ピリオド」よりも「スラッシュ」が手勝手が良い…というのであれば、あらかじめ「セルの書式設定」で「日付」の和暦タイプを選択した上で「選択したカレンダーに合わせて日付を入力する」のチェックボックスをオンにしてください。

170326hiduke5.gif

このように入力しても

170326hiduke4.gif

平成年として理解してくれます。
posted by らぼ at 22:51| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする