2017年04月07日

ワードに図を入れ過ぎて、なかなか思うものが選択できない

ワードは、元々文字を編集するのが得手のソフトで、グラフィックを扱う事を目的としているソフトではありません。でも最近は、ワードを使ってグラフィックを並べるような使い方をされる方も増えて来て(本当は、それならもっと本格的なグラフィックソフトをお使いいただく方がお勧めなんですけれど)、文書内にたくさんの図を入れ過ぎて、困っておられる事が良くあります。

170407zu1.gif

たくさんの図が重なっている状態で、編集しようとすると、目的のオブジェクトを選択しなければなりません。

170407zu2.gif

が、他の図が邪魔をしてなかなかハンドルがつかないといった事が起きたりします。

170407zu3.gif

そういう時には、ホームタブの[選択]▼から、[オブジェクトの選択と表示]を選んでみてください。

170407zu4.gif

画面の右側に作業ウィンドウ?が表示され、挿入されているオブジェクトが一覧できます。

170407zu5.gif

右側の作業ウィンドウで名前をクリックすると、文書中の該当のオブジェクトにハンドルが表示されますから、どれかはわかるのですが、何しろ「図1」「図2」「テキストボックス1」といった名称で表示されますので、わかりにくくて仕方ありません。

170407zu6.gif

実はこの図形の一覧表示は、図の名称を書き換える事ができます。クリックで選択した後、もう一度クリックすると図名のボックス内にカーソルが表示されます。

170407zu7.gif

任意の名前に書き換えてしまうと、この名称を見るだけで、文書内のどの図なのかが判別できるようになり、編集が快適になります。

170407zu8.gif

更に下部の「並べ替え」の▲▼ボタンを使うと、図の重なりを前面、背面と変更する事ができます。どの図よりも上に…といった事が手に取るようにわかります。ただ図を配置して完成であれば、一々名称を書き換える手間だけ無駄ですが、その後、様々に編集を続けたい…というような場合には、少し便利な方法です。特に一旦ファイルを完成させた後、後日編集を加えるような時に、名前が付け替えられていると、大変便利に感じます。

posted by chiko at 22:11| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする