2017年04月12日

段落番号機能をオフにする

昨日、行頭の数字が段落番号機能として働いて、次行以降にも数字が振られる際のトラブルについて書きました。その中で、「機能を切って」しまった方が早い…、そして「私は切っています」と書いたところ、どうやって機能をオフにできるのですか?というご質問をいただきました。過去にも何度か書いているかとは思うのですが、再掲しておきます。

170412bangou1.gif

[ファイル]から[オプション]を選択します。

170412bangou2.gif

「Wordのオプション」の中で「文章校正」を選択します。右側に[オートコレクトのオプション]というボタンが見えてきますので、クリックしてください。

170412bangou3.gif

さらに表示される「オートコレクト」ウィンドウ内で、[入力オートフォーマット]タブの「入力中に自動で書式設定をする項目」に並んでいる「箇条書き(行頭文字)」と「箇条書き(段落番号)」の2つのチェックボックスを外してOKしてください。

ちなみに、先頭に数字が表示されて次行に引き継がれるのを「段落番号」。先頭に記号(●や※…など)が表示されて次行に引き継がれるのを「箇条書き」機能と呼んでいます。先頭の文字が異なる以外は、性質としてはほぼ同じで、微妙な空間が開いてしまう場合があるといったトラブルも同じです。
posted by chiko at 22:03| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする