2017年07月31日

画像ファイルのサムネイルが表示されなくなりました

これまで画像ファイルは、サムネイル(縮小版)が表示されていたのに、突然アイコンで表示されるようになってしまいました。ファイルを開いてみないと何の画像かわからないので大変不便です…というご相談。

170731sumnail4.gif

170731sumnail5.gif

これまで縮小版が表示されていたのに、ファイルアイコン表示になってしまったようです。

170731sumnail1.gif

[コントロールパネル]の[デスクトップのカスタマイズ]から入れば

170731sumnail6.gif

[エクスプローラーのオプション]が選択できます。

170731sumnail2.gif

「表示」タブの「詳細設定」の項目に「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」のチェックボックスがあります。このチェックを外してください。サムネイル表示に戻るはずです。

ちなみにその1つ上の「縮小版にファイルアイコンを表示する」という項目は、ワードやエクセルファイルをアイコンでなく縮小版表示にした時、そこにワードやエクセルの小さなアイコンが付くという設定です。

170731sumnail3.gif

[名前を付けて保存]ダイアログボックスで「縮小版を保存する」のチェックボックスをオンにすると、ワードやエクセルファイルを縮小版表示することができるという設定です。



posted by らぼ at 20:51| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ブラウザの文字やメールの文字が粗い

これまでは、きれいに見えていた画面のフォントが、設定を色々いじってから粗くなってしまった…との事です。取り敢えず、少しきれいに見えるClearTypeテキストに変更していただきました。

170730font1.gif

[コントロールパネル]の

170730font2.gif

[デスクトップのカスタマイズ]を選択します。

170730font3.gif

以前は、ここに[ディスプレイ]の個人用設定があったのですが、Windows10では上図のように「ディスプレイ」の項目は見当たりません。[フォント]を選択して

170730font4.gif

フォントフォルダーを表示させましたら、左側の「ClearTypeテキストの調整」を選択します。

170730font5.gif

「画面上の文字を読みやすくします」の項目で「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れてください。Windowsの初期設定では、このチェックボックスはオンになっているようですが、OSをアップグレードした場合は、このチェックが外れている可能性があります。

170730font6.gif

モニターをネイティブな解像度に設定します。

170730font7.gif

以下、テキストサンプルの画面が5枚出てきます。表示されるサンプルから、好みの方をクリックして選択して行ってください。

170730font8.gif

170730font9.gif

170730font10.gif

170730font11.gif

正直、どこが違うの?といったサンプルが並んでいます(笑)。深く考える必要は無いと思います。好き・嫌い、自分が見易いか・見にくいか、それだけで判断して直感で選べばよいと思います。

170730font12.gif

幸い、おっしゃっているフォントの粗さは解消できて、見やすい文字になったようです。
posted by らぼ at 21:00| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

wps officeをインストールしたらワードのアイコンが変わってしまった

以前のKINGSOFT Officeは、今WPS Officeに名を変えています。中国の金山軟件有限公司が販売しているもので、Microsoft社のOfficeと完全な互換性があるとうたい、Officeであるにも関わらずかなり安い値段設定になっています。そのため「Officeが入っています」と言って販売されているパソコンにプレインストールされているものがかなりあります。

そのWPS Officeをインストールしてしまったら、ワードやエクセルのファイルアイコンがすべて、変更されてしまった…そうです。勿論、WPS Officeをアンインストールすれば、すべて元に戻ります。が、温存したままで、従来のMicrosoft Office製品のファイルを元に戻したいというもの。

170728kingsoft1.gif

Wordに相当するのは「WPS Writer」という名ですが、保存命令を出すと上図のように形式を選択することができるようになっています。本来のWPS Writerのファイルは拡張子が「.wps」ですが、Microsoft社のOfficeとの完全互換をうたっているため、「.doc」や「.docx」などの拡張子を指定する事もできるようになっています。

170728kingsoft2.gif

そのため、作成したdocxファイルは、従来のMicrosoft社のアイコンとは異なるものになります。新たに作成したファイルのデザインが異なるのは良いのですが、これまでMicrosoft Wordで作成したすべてのファイルのアイコンデザインが変わってしまいます。

170728kingsoft3.gif

勿論、このファイルをダブルクリックすると、WPS Writerが立ち上がります。これを従来のWordに戻すには、ファイル上で右クリックし[プログラムから開く]で「別のプログラムを選択」を選びます。[プログラムから開く]からすぐ「Microsoft Word」を選択することはできますが、それでは今回のファイルを開くのにワードを使用するという命令を出すだけで、すべてのファイルに適用はされません。

170728kingsoft4.gif

「このファイルを開く方法を選んでください」と出て来るので「Microsoft Word」を選択し、「常にこのアプリを使って.docxファイルを開く」にチェックをつけてOKしてください。ワードを使用する設定にはできるのですが、アイコンデザインは変更されませんでした。

170728kingsoft5.gif

プログラムの「WPS Office」から「詳細設定」を選択すると

170728kingsoft6.gif

「詳細」を選択することができ、

170728kingsoft7.gif

「以下のチェックボックスをオンにすると、各ファイルをWPS Officeに関連付けます。」という項目があって、すべてチェックが入っています。そのために、docxファイルがWPS Officeに関連付けられてしまっているようです。

170728kingsoft8.gif

チェックを外して、WPS Officeのデザインではなくなりましたが、Microsoft本来のデザインアイコンに戻りません。仕方なく、コントロールパネルの中の「プログラム」から「既定のプログラム」「あるファイルの種類を特定のプログラムでオープン」を選択。

170728kingsoft9.gif

拡張子「.docx」や「.doc」を選んで[プログラムの変更]ボタンから、再度「Microsoft Word」を選択する事で、

170728kingsoft.gif

アイコンデザインもすべて戻りました。なんとも人騒がせなソフトです。

posted by らぼ at 21:27| Comment(0) | Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする