2017年08月03日

プログラムをいつも最大化の状態で開きたい

作成したファイルアイコンを開くと、画面が小さく、いつも開く度に最大化ボタンかダブルクリックで画面を大きくしているのだが、毎回とても面倒なので、対策が何かありますか?というご質問をいただきました。ショートカットのプロパティでは解決できないとの事です。メールでのお尋ねで、開こうとしておられるソフトが何なのか分からないのですが、

ワードやエクセルの場合、直前に作業をしたソフト画面を閉じる際のウィンドウの大きさで、次回ファイルが開いてくるようです。ですから、ファイルアイコンをダブルクリックする際、最大化になるようにしたければ、作業終了時に最大化にしてから終了しておけば良いことになります。

ただし、すべてのソフトがそのようなウィンドウサイズを記憶する機能を持っているわけではありませんので、もう少し一般的な解決方法なら、問題のファイルのプロパティではなく、使いたいプログラムのプロパティをご利用ください。

170803window1.gif

説明画面は「ワード」でご案内していますが、他のソフトでも同様です。[スタート]ボタンから、目的のプログラムを探し、プログラム上で右クリックしてください。[その他]という箇所から[ファイルの場所を開く]を選択します。

170803window2.gif

これで、目的プログラムを実行する際のファイル、もしくはそのショートカットの箇所に移動しますので、プログラムファイル上で右クリックして[プロパティ]を選択します。

170803window3.gif

[ショートカット]タブに「実行時の大きさ」という項目がありますので、目的の[最大化]を選んでください。
posted by らぼ at 14:48| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする