2021年06月13日

桁数の多い数値の最後の数字が0に変わる

エクセルは計算に使うソフトですが、数値データの扱いには少し癖があります。

100613keta1.gif

エクセルでは、列幅に収まりきらないほどの桁数の数値を入力すると、「E+08」「E+09」…といった表記になることは良く知られています。

100613keta2.gif

文字の場合だと、隣のセルが空欄の場合は、右に溢れるようにはみ出したデータもすべて見えますが、隣のセルにデータがある場合、列の幅だけしか文字データを確認することができません。

数値の場合は、セルに右詰めされますので、左に溢れるようにはみ出すわけにもいかず、かと言って文字列データのように確認できない数字があると、数値データの桁の取り違いが起こってしまいます。

そこでいわゆる指数表示形式になります。「E+08」つまり、×10の8乗を表現しています。

100613keta3.gif

が、実はエクセルでは、列幅がタップリ余裕があっても、12桁以上になると、指数表示になってしまいます。

100613keta4.gif

実は、カンマ表示を設定したりすると、簡単に指数表示になることを防げるのですが、表示にカンマは要らないという事もあります。

100613keta5.gif

そう言う場合は、表示形式を「標準」から「数値」に変更する事で

100613keta6.gif

指数表示になることを防ぐことができます。

が…、お気づきでしょうか。15桁を超えると、つまり16桁からは、末尾の数字が「0」になってしまいます。Excelは浮動小数点算術に関する標準「IEEE 754」に従っています。難しい事はよくわかりませんが、この関係で、末尾の数字が「0」になってしまうのだそうです。

100613keta7.gif

これを切り抜けるには、データの先頭にアポストロフィーをつけて入力します。

100613keta8.gif

セルの左端には緑の三角形が表示されますが、これは印刷されません。但しアポストロフィーを付ける事で、以下のデータが「文字」として認識されていますので、左詰めに配置されます。

100613keta9.gif

勿論、右詰命令を出すことで、配置は変えることができます。

100613keta10.gif

あるいは、セルの書式設定で「文字列」を指定します。

100613keta11.gif

文字列に変更してあるセルに、桁数の多い数値を入力すると、あくまで文字列として入力されるため、アポストロフィーを付けた時と同様、文字列として左詰めに入力されます。

但し、書式設定を変更してしまった場合、Deleteでデータを削除した後も、「文字列」の書式が残ってしまうので、以降の事を考えると、Deleteで共に消えてしまうアポストロフィーの方が便利かとは思います。
posted by らぼ at 20:22| Comment(3) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月06日

データ便の複数ファイルを一度にダウンロードする

メール送信するにはサイズが大きすぎるデータを送りたい時に利用する大容量ファイル転送サービスがあります。その中の一つ「データ便」に関してのご質問です。

複数のファイルが転送されて来た場合、一つずつクリックしてダウンロードし、ダウンロードフォルダーから自分の指定するフォルダーへ移動する…という作業が、ファイルの数が多いと面倒です。一括で最初から指定フォルダーにダウンロードできないだろうか?というご質問です。
最近はこうした大容量ファイル転送サービスを使う事が激減していましたので、お願いしてサンプルファイルを転送していただきました(笑)。

210606databin1.gif

以前に比べると、なんだか画面がシンプルで、ギャラリー表示できるわけでもなく、データ便内部にはそのような便利ツールが用意されている気配はありませんでした。(何か便利技があるようでしたら、御指南ください。)

そこで、まず第一の手は、複数ファイルを別個に送るのでなく、圧縮フォルダーにまとめて一括送信するという方法が考えられるかと思います。圧縮フォルダーでしたら1つだけになりますので。ただ、この方法は送信してもらう相手に頼まなければならない方法なので、勝手に却下しておきます。

次に、一括ダウンロードの方法を探してみましたら、少し前の情報にはなるのですが、便利なブックマークレット(ブックマークなどから起動し、簡単に処理できるプログラム)を作成・提供されているサイトを見つけました。田村義希さんという方が運営されている「2001Y」というサイトです。

210606databin2.gif

勿論「♡いいね」しておきました。ありがとうございます。
このページに行って、

210606databin3.gif

「データ便一括ダウンロード」のボタンを、ブラウザのブックマーク上にドラッグするだけです。説明には「chrome、Safari」のブラウザしか挙げておられませんが、私が平生使っているFirefox でも問題なく作動しましたので、他のブラウザでも大丈夫ではないでしょうか。

210606databin4.gif

使い方もいたって簡単で、データ便のダウンロードページを開いておき、「データ便一括ダウンロード」というボタンをクリックするだけです。

210606databin5.gif

送られて来たファイルの数だけのポップアップウィンドウが表示され(上図は、わざとウィンドウをずらして画面ショットを取りました)、一つずつのウィンドウに「OK」ボタンを押さなければなりませんが、ファイルを1つずつダウンロードしていくよりは手間が省けると思います。

但し、大抵のブラウザでは、不要な広告画面の立ち上げを制御する目的で、ポップアップブロックが働いているかと思いますので、それぞれお使いのブラウザの該当の機能を「許可」する必要があるかもしれません。

Firefoxでは「ポップアップがブロックされました」といったメッセージが表示されるので、その表示個所から「設定」を選んで「このサイトのポップアップを許可する」を選択することができます。

210606databin6.gif

メッセージ表示のタイミングを逸した場合は右上の「≡」から[設定]を選択し、

210606databin7.gif

「プライバシーとセキュリティ」の項目で、

210606databin8.gif

「ポップアップウィンドウをブロックする」の個所の「許可サイト」ボタンから

210606databin9.gif

データ便サイトのアドレスを登録してください。

次の問題は、ダウンロードの際、ダウンロードフォルダーに入るのではなく、自分指定のフォルダーに直接入らないかという事でしたが、こちらは、ブラウザの設定を変更することで可能ではないでしょうか。

210606databin10.gif

Firefoxで話を進めますが、それぞれお使いのブラウザに同様の設定があると思います。「≡」から[設定]に入った後、[一般]の項目を選びます。

210606databin11.gif

「ダウンロード」の個所で保存先が「ダウンロード」に設定されているはずですので、参照ボタンから任意のフォルダーを指定します。もしくは「ファイルごとに保存先を指定する」を選んで、自動的にダウンロードフォルダーに入らず、毎回保存先を尋ねてくるように設定する事ができます。今回のご質問の件で言うと、毎回保存先を指定しなければならないのは面倒だと思いますが、一度設定を変更すると、以後は常にそのフォルダーにダウンロードされることになりますので、そのあたりは手勝手を考えて選んで下さい。

210606databin12.gif

仮にデスクトップ上に「ダウンロード用」と言うフォルダーを作成し、ここにダウンロードされるように変更してみました。

210606databin13.gif

無事に、指定のフォルダーに一括ダウンロードができました。

posted by らぼ at 08:05| Comment(4) | データ便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする