2023年08月10日

「縦中横」を使って半角数字を縦書きにすると文字間が空いてしまう

「縦中横」のご案内をしたところ、縦書きにした文字間が空きすぎてしまうとの事。

230810tatenakayoko1.png

おそらく、縦書き設定にして、半角数字を入力すると、文字が横になってしまうため、


230810tatenakayoko2.png

1文字ずつ「縦中横」の設定をしたところ、数字は縦向きになってくれたものの、文字間が空いてしまうという現象の事ではないかと思います。残念ながら手軽に調整する機能は無いようで、

230810tatenakayoko3.png

フォントを変更することで、文字間の空き量が変わります。もともと「游明朝」で空きすぎていたものを「MS明朝」に変更することで、だいぶんマシになったようには思います。適切に見えるフォントを試して探してみるか、

230810tatenakayoko4.png

このような例は、半角数字で入力すること自体が間違った選択のような気がします。上図は游明朝のままで、全角数字で入力しています。本来はこうすべきであると思います。

但し、どうしても文字間を調整したい…となれば、フィールドコードを利用する方法もあるかと思われます。

230810tatenakayoko5.png

「縦中横」を設定している個所ではないところにカーソルを置いて「Ctrl+F9」を押すと、上図のような括弧が現れます。普通に中括弧を入力しているわけではありません。また「縦中横」を設定された箇所で、作業をしてしまうと、{}が縦中横の一部として認識されてしまうため、うまくいきません。必ず別場所で作成したコードを貼り付けてください。

230810tatenakayoko6.png

この括弧の中に、上のように入力します。[EQ]フィールドは数式を生成し、変位 \d で次の文字が描画される場所を制御できます。「\fo」に続く数字を変更して間隔を調整します。整数のみ可能で、大きいほど間隔は広がり、小さいほど狭くなります。

230810tatenakayoko7.png

このコードを各文字の間にコピーして、{ }の部分を全て含むように範囲選択して、Shift+F9を押してください。

230810tatenakayoko8.png

游明朝のままで、文字間が調整できます。

繰り返しになりますが、このような手間暇をかける意味をあまり感じません。最初から全角で入力するのが賢明ではないでしょうか。
posted by らぼ at 16:15| Comment(14) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする