2016年10月15日

プレースホルダのサイズに応じて文字サイズを変更しない

パワーポイントには、プレースホルダというものがあらかじめ表示されていて、テキストなどが入力できるようになっています。

161015ppt1.gif

但し、プレースホルダに入力した文字は、

161015ppt2.gif

プレースホルダ自体をサイズ変更することによって、内部の文字サイズも変更されます。これは、便利な機能ではありますが、逆に文字サイズをそのまま固定しておきたいと思う場合、あだになります。これを、プレースホルダのサイズに応じて、フォントサイズが変わらないようにできませんか?というご質問です。

161015ppt3.gif

[ファイル][オプション]を選択し

161015ppt4.gif

[文章校正]で[オートコレクトのオプション]をクリックします。

161015ppt5.gif

「入力オートフォーマット」タブで、「入力中に自動で書式設定する項目」の中の「テキストをタイトルのプレースホルダーに自動的に収める」と「テキストを本文のプレースホルダーに自動的に収める」の2つのチェックボックスのチェックを外します。

161015ppt6.gif

プレースホルダのサイズ変更をすると、フォントサイズが変わらず、枠に対して入りきらなくなった文字が枠外に溢れます。が、フォントサイズは変わっていません。但し、これはオプションの中で変更しますから、該当のプレースホルダだけが、フォントサイズ変更しなくなるだけでなく、そのファイル中の全てのプレースホルダに適用されます。

161015ppt7.gif

すべてのプレースホルダではなく、対象の特定のプレースホルダだけ、フォントサイズを固定しておきたいというのであれば、趣旨は違うかもしれませんが、「テキストボックス」機能を使うと、フォントサイズは固定です。普通に作成したテキストボックスであっても、

161015ppt8.gif

テキストボックスの枠サイズを変更すると、文字がすべて入らなくなるため、自動的にすべて収まるような高さに変更されます。フォントサイズは変わりません。
posted by chiko at 21:38| Comment(0) | パワーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: