2016年11月07日

ディスプレイが真っ暗になるまでの時間を延ばしたい

パソコンはしばらく何も操作をしないで放置していると、画面が暗転します。液晶ディスプレイは意外と電池を食いますので、操作が不必要な場合はこの電源を落とすことで、節電になります。が、購入した初期状態のまま使っておられて、画面が暗転するまでの時間があまりにも短すぎるので、もう少しこの時間を延ばしたいというご希望をお持ちのようです。

161107dhis1.gif

Windows10ではスタートボタンを押すと、歯車の形の「設定」を選択することができます。

161107dhis2.gif

設定の中で[システム]を選択すると

161107dhis3.gif

[電源とスリープ]の項目で、ディスプレイの電源を切るまでの時間を設定することができるようになっています。

161107dhis4.gif

因みにコントロールパネルから設定変更をする場合は、[デスクトップのカスタイマイズ]から

161107dhis5.gif

[個人用設定]を選択し、

161107dhis6.gif

[スクリーンセーバー]の[電源管理]から

161107dhis7.gif

「電源オプション」の画面を表示させることができます。Windows10になってから、タブレット仕様を念頭に置いた[設定]と従来のコントロールパネルの双方から設定変更の命令を出すことができるようになっていますが、どちらから入っていくかはその時々の手勝手で選択をしていただいて良いかと思います。

posted by chiko at 23:21| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: