2017年02月06日

満充電を制御したい

ノートパソコンにしてもスマホにしても、最近はバッテリーを積んであるものが身の回りに多く、当然ですが「充電」という作業が必要になります。こうした機器に使われているリチウムイオン電池は、充電を繰り返すと劣化し、最大容量が少しずつ少なくなります。使っていて電池が劣化する事は仕方がない事ですが、少し気を付けることで、バッテリーを長持ちさせることもできます。

スマホの場合は、充電しながら長時間使用する事は避けましょう。充電しながら使う事で、バッテリーは発熱し熱くなります。バッテリーは熱に弱いため、こうした状態が長く続くことは避けた方が良いと思われます。また、満タンの状態で充電し続けないというのは、よく言われているポイントです。充電が100%になったら、充電コードを抜くことをお勧めします。

ノート型パソコンのバッテリーにもこれは言える事で、ノートであるにも関わらず、AC電源をを繋いで使用するという事は良くあることなのですが、そうすると、過充電の状態が長く続くことになってしまい、あまり良くないと言われています。ただ、家にいるなら、わざわざバッテリーを消耗させなくても、電源コードで…というのもわかります。そこで、私はノートパソコンのバッテリーの満充電をフルでなく80%で止めるようにしています。この機能は、パソコンのメーカーまた型によって、機能が異なっているようで、バッテリーの設定を持たない機種の場合は充電モードの変更はできません。

170206dengen1.gif

マイパソコンは、富士通製のものですが、この場合[スタート]ボタンから「FUJITSU-バッテリーユーティリティ」の中の「バッテリーの設定」を選択します。

170206dengen2.gif

上図のような「満充電量の設定」ウィンドウが現れます。[変更]ボタンを押して

170206dengen3.gif

「充電モードの設定」に入ります。常に「フル充電(100%充電)」をするのか「80%充電」で止めるのかが選択できるようになっています。

他の機種の事は詳しくはわかりませんので、それぞれのマニュアルでご確認ください。lenovoの場合「省電力マネージャー」のバッテリーのメンテナンスで設定できるという風に聞きますが、Windows10で充電制御をする場合は「Lenovoバッテリゲージ&Lenovo Settings」をインストールするとなっているようです。パナソニックではecoモードというのがバッテリー80%充電でキープする機能だとか。

(今日、eco充電とは違うように思う…と言ってしまったような…。但し、パソコンがPanasonicだったかどうか、確認はできていませんでした。失礼しました。メーカーによって型番によって異なっているかも知れませんので、少し調べてみていただけますでしょうか。)

posted by chiko at 20:46| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: