2017年04月16日

フォントサイズ「13ポイント」などにスピーディに変更したい

パソコンには、ある種のコマンドをキー操作で代用してしまうショートカットキーというものがあります。たくさんありますので、覚えるのが面倒だと言われればそれまでですが、覚えてしまいさえすればパソコン操作がかなり快適になります。

ワードを使って文書を作成する際、フォントサイズを変更することがあります。

170416fontsize1.gif

当然、入力済みの文字を範囲指定して

170416fontsize2.gif

フォントサイズの▼から、リストを表示させ、目的サイズを指定すれば、文字の大きさを変更することはできます。が、わざわざフォントサイズの▼をクリックしに行かなければなりませあん。一度やそこら、コマンドを出すのが面倒だとは思いません。が、同じような作業を頻繁にしなくてならない場面では、結構邪魔臭かったりする場合があります。

170416fontsize3.gif

SHIFT+CTRL+>のボタンを使えば、文字のサイズリストを一段階ずつ大きく指定する事ができます。

170416fontsize4.gif

SHIFT+CTRL+>で逆にフォントサイズリストを一段階ずつ小さくすることができます。

フォントサイズリストに用意されているサイズは「10.5」を初期値として「11」「12」「14」…などとびとびに並んでおり、「28」以降は「36」「48」「72」と大幅に数値が飛びます。リストの中に表示されていない中途半端なフォントサイズは、フォントサイズボックス内に直接入力することで実現できます。

170416fontsize5.gif

が、こちらもCTRL+[でフォントサイズを「1」ポイントずつ下げ、CTRL+]で「1」ポイントずる上げることができます。初期値の「10.5」のままでこのキー操作を使うと「11.5」「12.5」…と端数0.5を含んだまま「1」ポイントずつ上がってしまいますので、先に前述のSHIFT+CTRL+>などで「10.5」を先に「11」にしておきましょう。そうすると「12」「13」「14」…と「1」ポイントずつの調整が簡単にできます。
posted by chiko at 22:31| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: