2017年04月26日

図形の結合はどのように使うのでしょうか

実は…パワーポイント2013から、図形の結合という機能が増えています。残念ながら、ワードやエクセルの図形描画機能には搭載されていないようです。が、勿論パワーポイントで描いた図形をワードやエクセルに貼り付ける事は可能です。

170426ketugou1.gif

パワーポイントのスライド上に2つの図形を描画し、双方の図形を選択しておきます。複数図形を選択する場合は、2つ目以降をShiftキーを押しながらクリックすれば、ハンドルをつける事ができます。また、最後に作成する図形に欲しい属性を持った図形を先に選択してください。ここでは、先に青の円を選択し、後でオレンジ色の正方形を選択しています。

170426ketugou2.gif

[描画ツール]の[書式]タブには、[図形の結合]というコマンドボタンが用意されており、クリックでメニューが表示されます。[接合][型抜き/合成][切り出し][重なり抽出][単純型抜き]の5つのメニューを選択することができます。

170426ketugou3.gif

[接合]とは、描いた図形を1つの図形にしてしまいます。色は、最初に選択した青の方になっています。

170426ketugou4.gif

[型抜き/合成]は後に選択した図形でもう一方の図形を、文字通り「型抜き」してしまいます。抜いたところだけは無くなってしまいます。が、他の部分の図形は一体となって残っています。ですから「/合成」となっているようです。言い換えると、図形が重なった部分だけが削除される機能…でしょうか。

170426ketugou5.gif

[切り出し]はすべての輪郭線で、図形を分断してしまい、別個の図形となります。上図はドラッグで図形同士を移動させて、分かりやすく表示しています。

170426ketugou6.gif

[重なり抽出]は[型抜き/合成]で抜いてしまったところだけを残す機能です。

170426ketugou7.gif

最後の[単純型抜き]は、2番目の[型抜き/合成]のうちの、最後の合成が実行されません。後から選択した図形の型で抜いてしまう事ができます。

以上、Adobe社のIllustratorなどに搭載されている「パスファインダー」の機能でしょうか。残念ながら、あくまでパワーポイントの図形の結合機能は、図形のみに適用できるものであって、対象を画像にすることはできないようです。
posted by らぼ at 21:33| Comment(0) | パワーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: