2017年05月05日

windows システム修復ディスクの作り方

万一、Windowsが動かなくなった時に、パソコンを修復できる「システム修復ディスク」はどうしたら作れますか?

170505system1.gif

コントロールパネルから[システムとセキュリティ]を選択。

170505system2.gif

「バックアップと復元(Windows7)」を選択。ちなみに、このマシンはWindows7で購入したものを、Windows10にバージョンアップしてあります。表記は「Windows7」のままですが問題ありません。

170505system3.gif

左側の「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

170505system4.gif

ドライブを尋ねて来ますので、CD/DVDをセットしているドライブを選択した上で[ディスクの作成]ボタンをクリックします。上図のように緑の帯が伸びていき、修復ディスクを作成することができます。ちなみに、あくまで起動しなくなったパソコンの「起動ディスク」として使えるようなもので、データのバックアップとは異なります。1枚作っておけば、他のマシンでも利用可能です。(64bit機か、32bit機かによって、ディスクに区別はあるようです)
posted by chiko at 21:27| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: