2017年05月15日

Creators Updateをしたら、ブラウザやPhotoshopがフリーズして真っ黒の画面になる事が増えた

今日はいただいたご質問ではなく、自分のパソコン上での不具合の話です。仕事でメインに使っているのは、Windows7のデスクトップ機。これを、Windows10にアップグレードし、更にAnniversary update、更にCreators Updateを実行してあります。実は、Windows10の2度目の大型アップデートと言われているCreators Updateを実行してから、このパソコンのトラブルが増えていました。少しググってみると、Creators Updateをしてから、画面が真っ黒になってフリーズしてしまう…といったトラブル報告をチョコチョコ見かけてはいたのですが、私の場合はWindowsがフリーズするわけではありませんでした。

まずPhotoshopを立ち上げて、仕事をしている時にはトラブルは特に起こりません。が、Photoshopを立ち上げたまま、他のアプリを使って仕事をしていて、最小化してあったPhotoshopに戻ると、Photoshop画面が真っ黒になっていて、仕事が続行できなくなることが増えました。Windowsにはトラブルはないようで、Photoshopのみ終了して(×のボタンは有効で、問題なく終了できます)、Photoshopを再起動すると、問題なく動きます。

更に、普段ネットを使う時には、私はFirefoxを使うことが多いのですが、Firefoxで特に動画を表示しているようなとき、こちらも少し別のアプリを使っていると、その間にFirefox画面が真っ黒になってフリーズしてしまいます。こちらもFirefoxの再起動で問題も無く仕事が続行できます。

という状況が続いていて、アプリの再起動でトラブル回避ができていたので、あまり気にはしていなかったのですが、とにかく面倒です。どうせ…なら、と今までなら最小化で済ませるような場面でも、わざわざアプリを終了させていたりもしましたが、急に思い立って(笑)以下の設定をしてみたところ、今のところ、PhotoshopもFirefoxも落ちなくなりましたので、書き留めておきます。

170515dengen1.gif

[スタート]から[設定]を選択します。

170515dengen2.gif

「設定」ウィンドウから[システム]を選択します。

170515dengen3.gif

次に左側から[電源とスリープ]を選択します。

170515dengen4.gif

「電源オプション」ウィンドウの左側で[電源ボタンの動作の選択]を選びます。

170515dengen5.gif

システム設定ウィンドウの「シャットダウン設定」にある「高速スタートアップを有効にする(推奨)」がオンになっているのをオフにしたいと思ったのですが、このシャットダウン設定がグレーアウトしていて変更できません。そこで上野「現在利用可能ではない設定を変更します」部分をクリックして

170515dengen6.gif

先ほどの「シャットダウン設定」の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」チェックボックスをオフにします。上図はオフにした後の画面です。

これで、上述したようなトラブルは殆ど起きなくなりました。勿論「高速スタートアップ」をしませんから、パソコンの起動には多少時間がかかるようになる…ということですが、それほど気にはなるような速度の変化はありませんでした。この「高速スタートアップ」はトラブルの元になるからオフにした方が良いという説は聞いてはいたのですが、これまで特にパソコン仕様に問題も無かったので、オフにしようとは思っていませんでした。デフォルトではオンになっているはずですから、もし上述のようなトラブルに悩まさられておられましたら、オフもありかな…と思います。
posted by chiko at 18:12| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: