2017年07月11日

スライドを縦にして、途中に横スライドを加えたい

パワーポイントは、普通プレゼンテーションを行うために利用します。

170711ppt1.gif

プレゼンテーションに使うパソコンのモニターは基本的に横長ですから、パワーポイントで作成するスライドは基本が横置きになっています。ですが、どうしても縦置きのスライドにしたい…という場合はありますので、

170711ppt2.gif

そういう時には、[デザイン]タブの[スライドの向き]から「縦」を選びます。

170711ppt3.gif

スライドは縦置きにすることができます。但し、こうして縦置きにすると

170711ppt4.gif

当たり前ですが、2枚目以降のスライドも縦置きになり、途中に横向きスライドを入れることはできません。ワードの場合、縦置きのファイル中に横置きページを入れるには「セクション区切り」なるものを利用して可能になるのですが、パワーポイントに搭載されている「セクション」では、スライドの途中でスライドの向きを変更することはできません。

170711ppt1.gif

どうしても、途中で横置きのスライドを挟みたい場合は、前のスライド中のオブジェクトにハイパーリンクを設定します。あらかじめ横置きのパワーポイントファイルを作成して保存しておきます。

170711ppt5.gif

設定するのはテキストボックスであっても構いませんし、図などであっても構いません。縦置きに設定しているファイルの該当箇所に挿入されている何らかのオブジェクトを選択して

170711ppt6.gif

[挿入]タブから[ハイパーリンク]を選択します。

170711ppt7.gif

「ハイパーリンクの挿入」ダイアログボックスが開きますので、「ファイル、webページ」を指定し、横置きのプレゼンテーションファイルを指定します。

170711ppt8.gif

プレゼンテーション実行中に、該当箇所に来るとハイパーリンクを挿入したオブジェクトをクリックします。

170711ppt9.gif

「セキュリティに関する通知」が表示されたりしますが、続行する事で

170711ppt10.gif

横置きのスライドを挟むことができます。当然縦置きに戻りたい場合は、この横置きのファイル中に、縦置きのファイルに戻るハイパーリンクを設定しておきます。
posted by chiko at 20:41| Comment(0) | パワーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: