2018年07月09日

ピクチャ内「保存済みの写真」「カメラロール」を削除したい

「Officeのカスタムテンプレート」フォルダができないようにしたい…とのご質問でしたが、どうやら無事に解決できたようで、良かったです。

180709picture1.gif

次の「ピクチャ」内の「保存済みの写真」「カメラロール」フォルダを削除したいとのご質問ですね。こちらも、通常のフォルダのようにただ削除しても、何度でも復活して来るようです。

ご質問者がご自身で既に解決しておられる方法で間違い無さそうです。改めて検索でここまでたどり着いてくださった方がおられるかも知れませんので、方法をここにも再掲しておきます。

まずこれらのフォルダは、Windowsに最初から入っている「カメラ」アプリが管轄しているフォルダのようで、ただ削除しても「カメラ」アプリが存在する限り、復活します。そこで不要であれば「カメラ」アプリそのものを削除するという事になります。「カメラ」アプリをご利用になるのであれば、残念ながらフォルダだけを削除することはできないようです。

180709picture2.gif

但し、上図でもわかるように、カメラアプリは、他のアプリのように、スタートメニュー内で右クリックしても

180709picture11.gif

他のアプリのように[アンインストール]が表示されません。

180709picture3.gif

そこで、スタートボタンを右クリックして[Windows PowerShell(管理者)]を起動します。

180709picture4.gif

上図のようなブルースクリーンが出て来ますので、「get-appxpackage *Microsoft.WindowsCamera* | remove-appxpackage」と入力し、Enterキーを叩きます。

180709picture5.gif

数秒で、何事も無くコマンドが終了しました。ご質問者は、ここで「コメント」が出たため、撤退された…との事ですが、当方が試した時は、何事もなく終了しました。カメラが起動していると、エラーになるようなので、一度パソコンをシャットダウンしてから、改めてお試しいただけるでしょうか。なお、強制削除すると…と、慎重になられているようですが、「カメラ」をアンインストールする作業ですので、特に問題は無いかと考えます。

180709picture6.gif

削除後は、上図のように、スタートメニューの中から「カメラ」が消えます。その後、該当の2つのフォルダを削除してください。これで、復活してくることは無いと思います。

180709picture7.gif

尚、万一、後になって「カメラ」を残しておけば良かった…といった事になった場合は、再インストールは可能です。多分、「Windows カメラ」などで検索をかけていただければ、すぐに見つかるはずです。上図から[入手]をクリック、

180709picture8.gif

Microsoft StoreからWindows カメラを「入手」が可能です。もちろん、無料です。

180709picture9.gif

こちらもすぐに「インストールが完了しました」の報告メッセージが表示されます。

180709picture10.gif

スタートメニューの中には、再び「カメラ」が起動できるよう、復活していますが、見てお分かりのように「新規」といった表示がついています。新たにインストールしたことになります。…ですので、当面「カメラ」は要らない…のであれば、躊躇されずに削除実行されても構わないかと思います。
posted by らぼ at 20:11| Comment(4) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

勝手にウィンドウが最大化される

ワードやエクセルの作業をしている時(他のウィンドウでも同じですが)、ウィンドウを画面の端に移動しようとすると、勝手に最大化になってしまいます。AeroSnapと呼ばれるようです。ウィンドウのタイトルバーを画面の上端へドラッグすると、ウィンドウが最大化します。右端に持って行くと右半分に、左端に移動させると左半分のサイズになります。もちろん、便利を期して搭載された機能ですが、ハッキリ言うと「邪魔」です。

180707maultitask1.gif

画面左下の[スタートボタン]をクリックして、歯車の形の[設定]を選択します。

180707maultitask2.gif

設定の中から[システム]を選択してください。

180707maultitask3.gif

左側で「マルチタスク」を選択します。「ウィンドウを画面の横または隅にドラッグしたときに自動的に整列する」をオフにします。

180707maultitask4.gif

以前のパソコンは、設定というと「コントロールパネル」でした。今では[歯車のマーク]の「設定」から、パソコンの設定をするのが普通なのでしょうが、未だに私は、[コントロールパネル]の方が設定し易かったりします。

[コントロールパネル][コンピュータの簡単操作][コンピューターの簡単操作センター]で[マウスを使いやすくします]をクリックすると、上図ウィンドウが表示されます。「ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェックボックスがありますので、クリックを入れてください。
posted by らぼ at 22:30| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

エクスプローラ内デスクトップにあるはずのファイルが見えません

皆で[エクスプローラ]の学習をしていた時のことです。

180702explorer1.gif

デスクトップ上に「sakura.docx」と「桜.docx」の2つのワードファイルが置いてありました。

180702explorer2.gif

[エクスプローラ]のナビゲーションバー(左側)で、「PC」を展開し、その中の「Windows7(C)」を展開(家で使っている愛機はWindows7機なのです)、更に「ユーザー」を展開し、「Owner ]の下にある「デスクトップ」を選択したところ、右側のメインウィンドウにデスクトップ上のファイルが見えて来るはずなのですが…上図にあるように「桜.docx」しか表示されません。

この状況を我が家で再現するのに、とても苦労しました(笑)

本物のデスクトップ上には(この記事のトップ画像のように)2つのファイルが配置されていたのに、エクスプローラの中には一方しか見えない…という事態が起こっています。これは一体何?

180702explorer3.gif

実際のデスクトップ上に配置されている「桜.docx」(エクスプローラ内から見る事のできたファイル)を右クリックして[プロパティ]を選択してみると、上図のようなプロパティウィンドウが開いて、ファイルの情報を見る事ができます。「場所」という項目がありますが、そこには「C:\Users\Owner\Desktop」と記載されています。つまり、先ほど開いていたエクスプローラの場所です。

180702explorer4.gif

実際のデスクトップにはファイルが2つ並んで見えているので、今度は「sakura.docx」の方のファイルを右クリックし[プロパティ]を選択してみます。場所に書き込まれている情報は「C:\Users\Public/Desktop」となっています。お気づきででしたか?

180702explorer5.gif

エクスプローラからハードディスク内の「ユーザー」フォルダを開いていくと、確かに「Owner 」以外に「パブリック」というのがあるのがわかります。他に「net」とか「Default」といったフォルダも見えていますが、これらは渡した「ユーザー」を追加しているせいです。

180702explorer6.gif

今度は、エクスプローラから改めて「PC」項目下の「パブリック」を選択してみると、その下には「パブリック デスクトップ」というのが存在しています。クリックして選択すると、右側のメインウィンドウにデスクトップ上のファイルが表示されるはずですが、これ!これ!(笑)。本来のデスクトップには2つのファイルがあったにもかかわらず、エクスプローラは見えなかったファイルです。

結論
[エクスプローラ]からは、パソコン内部場所に正しくアクセスすることができます。1台のパソコンには複数のユーザーを作成することができるようになっていますが、エクスプローラ内からユーザー名を選択してたどり着くデスクトップは、あくまでその人個人用の(選択したユーザー名の方の)純粋なデスクトップに他なりません。

パソコン起動時、最初に見えて来るデスクトップは、Owner以外の「パブリック」のデスクトップも同時に表示していたのです。そのために、実際にデスクトップに置かれているファイルと、エクスプローラ内から表示させたデスクトップ上のファイルは数が違っていたようです。解決してしまえば、なんだぁ…です。ただ、なぜ「パブリック」のデスクトップにファイルを保存してしまわれたのかは、未だに「謎」です。
posted by らぼ at 21:48| Comment(4) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする