2018年02月06日

Windows10で「パスワードが違います」と表示され、サインインできません

パソコンを起動すると、ユーザーアカウントとパスワードを入れてパソコンにログインするようにしておられる方は多いと思います。(私は、ログイン画面を出さずに、いきなり立ち上がるようにしています。)毎回入れるパスワードですから、何となく自然に手が動いていて、さして不便を感じられることも無いのかなと思いますが、そのパスワードを入れても「違います」と出てきて、サインインできない…というご相談を伺いました。

Windows10のパソコンにログインできないでお困りなのですが、ユーザーアカウントとしてお使いのものには2種類あります。Windows10では、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの双方を使用することができ、どちらで設定しておられるかによって対処が異なってきます。

Microsoft アカウントをお使いの場合は、オンライン上でパスワードをリセットすることが可能です。(https://account.live.com/password/reset)インターネットに接続できる他のパソコンを使えば、リセットが可能です。

ローカルアカウントの場合、管理者アカウントでパソコンにサインインすれば、管理者権限でローカルアカウントのパスワードを変更することができます。あるいは、最初にパスワードリセットディスクを作成している場合、ドライブにリセットディスクを入れてください。サインイン画面のパスワード欄に何も入れずに空欄のままでサインインすると、「パスワードが正しくありません。…」と言ってきます。「OK」ボタンをクリックすると、「パスワードのリセット」という項目が出てきますので、そこからパスワードを変更することができます。

これらの事ができない場合(パソコンに他のユーザーアカウントが作成されていないとか、リセットディスクを作成していない、Microsoftアカウントのパスワード変更ができないなど)、パソコンを再セットアップする必要があります。

ただし、ご相談のパスワードは、ご本人の勘違いで、口でおっしゃっているパスワードと、入力されているパスワードに違いがありましたので、すぐにパスワードを正しく入れ直すことができました。

posted by らぼ at 20:59| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

マウスでドラッグができなくなった

突然、マウスでドラッグができなくなりました。他のマウスに付け替えてみても、できないので、マウスの不備ではなさそうです。

マウスの不具合ではないとすると、システムファイルが破損している可能性があります。「システムファイル修復機能(システムスキャン)」を起動させることで、改善する場合があります。

180131mouse0.gif
Windowsのスタートボタンから「Windowsシステムツール」を捜し、その中の[コマンドプロンプト]を起動させますが、

180131mouse1.gif

普通にクリックするのではなく、まず右クリックして[その他][管理者として実行]を選択します。

180131mouse2.gif

コマンドプロンプトウィンドウが表示されますので、「sfc /scannow」と入力しEnterキーを押します。「sfc」の後は半角スペースを空けてください。するとシステムスキャンが開始されます。「これにはしばらく時間がかかります」とあるように、そのまま放置。「システムスキャンの検証フェーズを開始しています。検証 〇%が完了しました」といったメッセージが表示され、%が次第に増えていきます。

今回は、完了するまでもなく、途中でマウスのドラッグができるようになりました。

180131mouse3.gif

ともかく最後の「100%」になるまで実行し、「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」のメッセージが表示されれば完了です。後は、コマンドプロンプトウィンドウを×で閉じておけばOKです。
posted by らぼ at 19:57| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

デスクトップから消えたアイコンを復活させたい

デスクトップ上にあったアイコンが消えた…ということですが、「消えた」ではなく「消した」と理解して(笑)、うっかりDeleteを押してしまったとか、ごみ箱上にドラッグしてしまった…とかであれば、ごみ箱さえ「空にする」の命令を出されていない限り、復活すると思います。

180120gomibako1.gif

ごみ箱をダブルクリックしてください。自分ちの生ごみをそのまま透明の袋に入れて捨てるのがはばかられるのと同じ理由で、私のごみ箱内をそのままお見せするのは何となくはばかられて、多少ぼかしをかけさせていただきました。ごみ箱内を空にするの命令を出していない限り、この中にあるはずです。

180120gomibako2.gif

ただ、ごみ箱を空にする命令を出されていない…前提だと、大量のファイルがごみ箱内に入っている可能性があります。そこで、右上の検索ウィンドウ内をクリックしてみてください。「検索ツール」というタブが表示されてくるはずです。

180120gomibako3.gif

そこにはたとえば「更新日」といったアイコンがありますので、いつ削除したかがわかっているような場合、絞り込むことができます。

180120gomibako4.gif

あるいはほかにも検索の手がかりとして、わかっているものがあれば、指定することもできるようになっています。

180120gomibako5.gif

なかなか「これ」という手がかりが…というのであれば、[表示]タブから[詳細]を選んでみてください。ごみ箱内のファイルの「名前」「元の場所」「削除日時」…などの詳細項目が表示されてきます。

180120gomibako6.gif

例えば「削除日時」の項目名の個所をクリックすると、削除日時順に並び変わります。

180120gomibako7.gif

「元の場所」の項目名をクリックすると、元の場所順に並び変わります。「デスクトップにあった」ということであれば、「C:\Users\Owner\Desktop」から削除されたものが一か所にまとまりますので、探し易くなるかと思います。

180120gomibako8.gif

見つかれば、選択して[選択した項目を元に戻す]です。

ただし、「デスクトップから消えた」のが、ごみ箱に入った…では無く、例えばドラッグしてデスクトップ上のフォルダーの中に移動してしまった…といったような状況であれば、当然ごみ箱内には入ってはいません。消えてしまったものの名前などが分かっているようなら、名前で検索をかけるなどの方法があると思います。他のフォルダー内を検索する場合も、基本、ごみ箱内の検索と同様のことができます。

posted by らぼ at 17:25| Comment(2) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする