2017年02月06日

満充電を制御したい

ノートパソコンにしてもスマホにしても、最近はバッテリーを積んであるものが身の回りに多く、当然ですが「充電」という作業が必要になります。こうした機器に使われているリチウムイオン電池は、充電を繰り返すと劣化し、最大容量が少しずつ少なくなります。使っていて電池が劣化する事は仕方がない事ですが、少し気を付けることで、バッテリーを長持ちさせることもできます。

スマホの場合は、充電しながら長時間使用する事は避けましょう。充電しながら使う事で、バッテリーは発熱し熱くなります。バッテリーは熱に弱いため、こうした状態が長く続くことは避けた方が良いと思われます。また、満タンの状態で充電し続けないというのは、よく言われているポイントです。充電が100%になったら、充電コードを抜くことをお勧めします。

ノート型パソコンのバッテリーにもこれは言える事で、ノートであるにも関わらず、AC電源をを繋いで使用するという事は良くあることなのですが、そうすると、過充電の状態が長く続くことになってしまい、あまり良くないと言われています。ただ、家にいるなら、わざわざバッテリーを消耗させなくても、電源コードで…というのもわかります。そこで、私はノートパソコンのバッテリーの満充電をフルでなく80%で止めるようにしています。この機能は、パソコンのメーカーまた型によって、機能が異なっているようで、バッテリーの設定を持たない機種の場合は充電モードの変更はできません。

170206dengen1.gif

マイパソコンは、富士通製のものですが、この場合[スタート]ボタンから「FUJITSU-バッテリーユーティリティ」の中の「バッテリーの設定」を選択します。

170206dengen2.gif

上図のような「満充電量の設定」ウィンドウが現れます。[変更]ボタンを押して

170206dengen3.gif

「充電モードの設定」に入ります。常に「フル充電(100%充電)」をするのか「80%充電」で止めるのかが選択できるようになっています。

他の機種の事は詳しくはわかりませんので、それぞれのマニュアルでご確認ください。lenovoの場合「省電力マネージャー」のバッテリーのメンテナンスで設定できるという風に聞きますが、Windows10で充電制御をする場合は「Lenovoバッテリゲージ&Lenovo Settings」をインストールするとなっているようです。パナソニックではecoモードというのがバッテリー80%充電でキープする機能だとか。

(今日、eco充電とは違うように思う…と言ってしまったような…。但し、パソコンがPanasonicだったかどうか、確認はできていませんでした。失礼しました。メーカーによって型番によって異なっているかも知れませんので、少し調べてみていただけますでしょうか。)

posted by chiko at 20:46| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

写真のサムネイルを印刷したい

最近は、写真を撮影する事のハードルが非常に下がったため、撮影枚数が非常に多くなっているようです。写真はディスプレイで見ることが多くなってはいますが、それでもまだ印刷したものを見せる機会がないわけではありません。たくさん撮影した写真を取り敢えず小さなサムネイルで印刷して確認したい…と言ったときの方法です。

170123photo1.gif

エクスプローラで写真が置かれているフォルダーを開きます。

170123photo2.gif

印刷したい写真画像を選択します。クリックもしくはドラッグで該当写真を選択します。Ctrlキーを押し添えれば、次々複数枚の写真画像が選択できます。(慎重に操作をしないと、クリックするつもりがうっかりドラッグしてしまうと、Ctrlキーを押しているため、写真画像のコピーになってしまいます。)

170123photo3.gif

[共有]タブの[印刷]ボタンをクリックします。

170123photo5.gif

[画像の印刷]ダイアログボックスが開きます。右側から、印刷する写真画像のサイズと枚数を選択する事ができます。A4用紙1枚に4枚印刷するのも、

170123photo4.gif

1枚に35枚印刷するのも、ワンクリックで切り替えられます。
posted by chiko at 21:38| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

必要のない時はタスクバーを消したい

Windowsの最下段にあるのが「タスクバー」という領域です。通常、このタスクバーは常に表示されています。…が、必要のない時にはタスクバーを消す設定もあります。今まで勝手に消えてくれていたのに、いつの間にか消えなくなってしまった…との事でした。

170116taskbar1.gif

ご質問はWindows7でしたので、上図はWindows7の画面です。まず、タスクバーの何もないところで右クリックをして[プロパティ]を選択してください。

170116taskbar2.gif

[タスクバーとスタートメニューのプロパティ]ウィンドウが開きます。「タスクバー」タブの「タスクバーのデザイン」の箇所に「タスクバーを自動的に隠す」というチェックボックスがあります。通常はここにチェックがありませんので、タスクバーは常に表示されています。チェックを入れると、逆に使わない時はタスクバーが消えてくれます。

170116taskbar3.gif

同じ作業ですが、Windows10の場合は、タスクバーを右クリックすると[設定]を選択する事ができます。

170116taskbar4.gif

設定ウィンドウの「タスクバー」の項目に「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」の項目があります。通常はオフになっていますので、スライダーをドラッグして動かして「オン」に設定してください。
posted by chiko at 17:46| Comment(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする