2017年04月25日

開いた文書が編集できません

ワードで文書を開いても、入力も編集もできない…とお困りの様子。(以前に同じ内容をアップした記憶もありますが。。。。)

170425hyouji1.gif

ファイルを開くことはできても、上部のタブが[ファイル][ツール][表示]しかなく、文字入力もできないとの事です。これは「閲覧モード」と呼ばれる、読む専用の表示方法です。

170425hyouji2.gif

[表示]タブから[文書の編集]を選択することで

170425hyouji3.gif

通常のワード画面に戻り、入力も編集も可能になります。

この通常の表示モードを「印刷レイアウト」表示と呼んでいますが、初期値ではこの画面で開けることができます。旧バージョンのワードで作成したファイルとか、メール添付のファイルなどを開くとこの「閲覧モード」で開いてくることがあるようです。このファイルは一旦「印刷レイアウト」表示に切り替えてから終了すると、次回からは印刷レイアウト表示で開いてきますが、閲覧モードのままで終了すると、次回も閲覧モードのままで開きます。画面が変だから…と、何度ワードを再起動して読み込んでみても、同様に閲覧モードで開いてしまうのも道理です。
posted by chiko at 23:08| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

画像を中央揃えしたい

ワードに挿入した画像を用紙の中央に配置したい。

170418center1.gif

通常、ワードに挿入された画像は、選択して

170418center2.gif

[センタリング(中央揃え)]の命令を出して、用紙の中央に配置することはできます。

170418center3.gif

但し、これは挿入画像が「行内」オブジェクトになっているからできる事で、この行内オブジェクトのままでは文字列との共存がなかなか難しい。行内オブジェクトというのは、一言でいえば、画像が「文字」と同様の動きをする…ということで、画像だけが独立して文字列と関係なく配置されている時は、中央揃えにできても、文字列の中に配置すると、それによって文字のレイアウトが崩れてしまう上に、もう画像の中央揃えはできなくなってしまいます。

170418center4.gif

挿入画像を選択して[文字列の折り返し]を[前面]に変更すると、崩れた文字のレイアウトは元に戻りますが、

170418center5.gif

[中央揃え]のボタンはグレーアウトしてしまい、使用することはできません。

170418center6.gif

そういう時には、画像にハンドルをつけて[書式]タブの[サイズ]グループからダイアログボックス起動ツールを選択して

170418center7.gif

「レイアウト」ダイアログボックスを起動します。[位置]タブには「水平方向」という項目がありますので、ここを「配置」にして「中央揃え」を選択してください。

170418center8.gif

文字の流れを壊すことなく、画像を中央に配置することができます。

posted by chiko at 23:05| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

フォントサイズ「13ポイント」などにスピーディに変更したい

パソコンには、ある種のコマンドをキー操作で代用してしまうショートカットキーというものがあります。たくさんありますので、覚えるのが面倒だと言われればそれまでですが、覚えてしまいさえすればパソコン操作がかなり快適になります。

ワードを使って文書を作成する際、フォントサイズを変更することがあります。

170416fontsize1.gif

当然、入力済みの文字を範囲指定して

170416fontsize2.gif

フォントサイズの▼から、リストを表示させ、目的サイズを指定すれば、文字の大きさを変更することはできます。が、わざわざフォントサイズの▼をクリックしに行かなければなりませあん。一度やそこら、コマンドを出すのが面倒だとは思いません。が、同じような作業を頻繁にしなくてならない場面では、結構邪魔臭かったりする場合があります。

170416fontsize3.gif

SHIFT+CTRL+>のボタンを使えば、文字のサイズリストを一段階ずつ大きく指定する事ができます。

170416fontsize4.gif

SHIFT+CTRL+>で逆にフォントサイズリストを一段階ずつ小さくすることができます。

フォントサイズリストに用意されているサイズは「10.5」を初期値として「11」「12」「14」…などとびとびに並んでおり、「28」以降は「36」「48」「72」と大幅に数値が飛びます。リストの中に表示されていない中途半端なフォントサイズは、フォントサイズボックス内に直接入力することで実現できます。

170416fontsize5.gif

が、こちらもCTRL+[でフォントサイズを「1」ポイントずつ下げ、CTRL+]で「1」ポイントずる上げることができます。初期値の「10.5」のままでこのキー操作を使うと「11.5」「12.5」…と端数0.5を含んだまま「1」ポイントずつ上がってしまいますので、先に前述のSHIFT+CTRL+>などで「10.5」を先に「11」にしておきましょう。そうすると「12」「13」「14」…と「1」ポイントずつの調整が簡単にできます。
posted by chiko at 22:31| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする