2017年12月07日

罫線が消えません

ワードの画面に引かれた罫線を消そうと思っても消せなくてお困りでした。ワードの画面に線を引く機能はいくつかありますから、どの機能で引いたかが大切になります。[下線][図形][表][段落罫線]など。それぞれ引いた機能の解除を試みないと、消えてはくれません。

171206danrakukeisen1.gif

その中でも[段落罫線]で引いた線は少し厄介です。画面に引かれている一本線を消したくて

171206danrakukeisen2.gif

[罫線の削除]を試みても消えません。実はこの[罫線の削除]命令自体、画面に挿入した表内にカーソルが無いと[表ツール]のタブが表示されませんので、選ぶことができません。仮に上図のように消しゴム型のマウスポインタにできたとしても、ドラッグで線は消えないのです。この線は、実は[段落罫線]で引いてあります。

171206danrakukeisen3.gif

では、上図のように線の引かれた下の段落を範囲選択して

171206danrakukeisen4.gif

[罫線]ボタンから「枠なし」、もしくは[線種とページ罫線と網かけの設定]を選択して

171206danrakukeisen5.gif

「罫線なし」でOKしても全く消えません。

171206danrakukeisen6.gif

そこで、今度は線の引かれた上の段落を範囲選択してみました。

171206danrakukeisen7.gif

[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックス内で、プレビュー部分に「下線」が引かれている痕跡がありますので、これを解除してOKすると

171206danrakukeisen8.gif

確かに選択していた段落の下の線は消えたのですが、逆に選択している段落の上に線が出てしまいました。線が1行上に移動した感じです。これは、元々段落罫線を引いた際、複数段落を範囲選択して[下罫線]で引いていたため、設定された複数段落のある1行だけについて解除しても、他の行の罫線が残ってしまうためです。

つまり、罫線を設定した時の範囲指定状況と、更にどの命令を出したかが全て判明していて、初めて線をキチンと消せるのだと考えられます。

171206danrakukeisen9.gif

正直、自分が引いた直後であるタイミング以外は、なかなか正確に覚えているという訳にはいかないと思います。そこで、段落を広めに範囲選択した状態で「罫線なし」を選びました。

171206danrakukeisen10.gif

やっと、先ほどの線が消えています。誤って引いてしまったといった場合、直後にすぐ[元に戻す]ボタンを使うのが一番賢明です。
posted by らぼ at 14:55| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

2つの表を結合させたい

元々別の表として作成したものを結合させることはできますか?というご質問。

171205hyou1.gif

全く独立した2つの表があります。

171205hyou2.gif

一方の表をドラッグしてもう一方の表の右上肩にドラッグで移動してみましたが、微妙に2つの表は合体しません。境はどうしても外枠線が2本接近している状態にしかなりません。

171205hyou3.gif

が、一方の表を全選択して[切り取り]をした後、もう一方の表の右上肩にカーソルを表示させ(ここにはカーソルは置けても、文字を入力したりすることができない場所です。)[貼り付け]命令を出すと

171205hyou4.gif

表は合体し、1つの表になります。同時に左側の表は3行しか無かったのですが、右の表が4行の表だったので、左側も4行になります。

171205hyou5.gif

2つの表を上下に合体させたい場合も

171205hyou7.gif

下の表を全選択して、ドラッグで表の真下に移動してみましたが、横方向の時と同様、微妙に合体しません。間にはそれぞれの外枠線が最接近した形にはなりますが、1本の線にはなりません。

171205hyou6.gif

上下の場合は[切り取り][貼り付け]のような命令を出さなくても、表の間の通常行にカーソルを置いて、この行を削除、つまりDeleteして行けば、表は完全に合体します。この時は上の表の幅が狭いからと言って、補われて長方形の大きな票になるわけではありません。変則な形のままで合体します。
posted by らぼ at 18:15| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ハイパーリンクが繋がらない

ワードやエクセルファイルに画像へのハイパーリンクを設定しているのに、クリックしても該当ファイルが開かない現象が起こりました。何が原因なのか、良く分からないまま、色々情報を探しています。

ワード2003の情報で、画像ファイルとOffice文書が異なるフォルダに保存されているとハイパーリンクが開かない…とか、ハイパーリンクが設定されている画像ファイルが開かれる際の既定のアプリケーションとして、Microsoft Office Picture Managerが指定されていると開かない…とかの情報がありました。ただ、飛ばないパソコンは少なくともOffice2003では無く、Office2010以降だったように思います。

もう一つ、環境構成によってハイパーリンクをクリックすると認証ダイアログが表示されたり、正常に開かれないといった事があるような記述がありました。有効な対応方法として「ForceShellExecute」というレジストリを設定すると良いという情報です。このレジストリは、Office製品のファイルに挿入されたハイパーリンクを開くときの内部動作を変更するものだそうです。このレジストリを設定すると、「ファイル名を指定して実行」と同じ(Winodwsの通常方法)方法でリンクを開く動作になるそうです。

但し、レジストリというのは、パソコンの根幹の仕組みが書き入れられている場所ですので、下手に変更すると、パソコンが次回から起動しない…といった大きなトラブルを誘う場合があります。試す場合は、あくまで自己責任の範囲で行ってください。

あくまで32ビット版のWindowsで32ビット版のOfficeを使っているか、64ビット版のWindowsで64ビット版のOfficeを使っている場合ですが、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\9.0\Common\Internet
というレジストリパスになります。「ForceShellExecute」という値の箇所を、DWORD型(0:指定しない(デフォルト)、1:指定する) レジストリForceShellExecuteを1に設定すると、Officeの標準の方法ではなくて、「ファイル名を指定して実行」と同じWindowsが通常行う方法でリンクを開くことができるようになるそうです。

残念ながら、現象が起こったパソコンではお試しいただけていません。
posted by らぼ at 17:01| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする