2017年05月01日

画像挿入時、サムネイルが2行しか並びません

ワードの画面にイラストや写真を挿入する場合

170501zu1.gif

[挿入]タブから[図(画像)]のボタンをクリックして、ファイルを指定します。

170501zu2.gif

「図の挿入」ダイアログボックスでは、時にファイル名しか並ばないため、画像の内容の確認ができない場合があります。

170501zu3.gif

こういう時は、ダイアログボックス右上にあるボタンの▼をクリックして

170501zu4.gif

表示方法を選択します。上段の3つ(特大アイコン、大アイコン、中アイコン)が、ダイアログボックス内でサムネイルを表示させることのできるモードですので、いずれかを選択します。

170501zu5.gif

無事に、指定の場所に保存されている画像ファイルのサムネイルが一覧で並びますので、挿入しようと思う画像を選択してください。

170501zu6.gif

が、ご質問の方のパソコン画面では、この「図の挿入」ダイアログボックス内のサムネイルが2列しか並ばないのだそうです。

170501zu7.gif

この状態は右側に「プレビュー」ウィンドウが開いている状態で、上図のように、たとえファイル名表示のままでもクリックをすれば右側のプレビューウィンドウに画像が大きく表示されているので、図ファイルをスピーディに見つけ出す一つの方法です。画像を大きく見る事ができる一方、一覧に並ぶファイル数は少なくなります。

170501zu8.gif

ダイアログボックス右上の「プレビューウィンドウを非表示にする」ボタンから、プレビューウィンドウの表示/非表示を切り替えることができます。手勝手に応じて、プレビューウィンドウを非表示にしてサムネイルを並べるか、プレビューウィンドウの表示に頼るかを選択すれば良いでしょう。

posted by chiko at 21:33| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ワードでPDFが開けませんか

ワード文書をPDFにすることは、ワードの標準機能で可能になりました。

170430pdf1.gif

ワードで作成したポスターを(随分前のもので申し訳ありません。細かいところは見ないように…)

170430pdf2.gif

[ファイル][保存と送信]からPDFを作成することができます。私はAdobe製品を入れているので「Adobe PDFを作成」というコマンドも見えます。

170430pdf3.gif

簡単にPDFにすることができます。フォントなどが異なる環境でも、同様の印刷ができるので便利です。但し、完全に…という訳にはいかない場合も多々あります。上図も下部のイラスの余白がすべて白く出てしまっています。

170430pdf4.gif

ところがこうして作成したPDFファイルをワード2010で開こうとすると、上図のようなウィンドウが表示され、

170430pdf5.gif

挙句に全く使い物になりません。

170430pdf6.gif

ですが、ワード2013以降であれば、上図のような警告メッセージは表示されますが、

170430pdf7.gif

PDFを開くことができるようになりました。
posted by chiko at 20:29| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

表をコピーして図にしたら、罫線の一部が消える

ご質問は「表」ですが、その前に「テキストボックス」の話から。

170429zu1.gif

ワードデテキストボックスを作成した後で、

170429zu2.gif

縮小すると、外形は小さくできるのですが、内部の文字のフォントサイズは変わらないので、文字があふれて表示しきれなくなってしまいます。別途フォントサイズを下げる必要がありますが、絵地図などを作成している場合など不便です。

170429zu3.gif

そこで一旦テキストボックスをコピーした後、「図」として貼り付けると

170429zu4.gif

縮小に応じて内部の文字も小さくなってくれます。「図」として貼り付けた時点で、文字ではなく画像になっています。ですからこの後、文字の訂正はできません。

170429zu5.gif

それと同様の事を「表」に対して行うと、罫線の一部が削除されてしまう…というのが、今回のご質問です。

170429zu6.gif

表作成の後に、表自体を縮小してみていますが、外形は小さくできても、フォントサイズは変わりません。

170429zu13.gif

縮小し過ぎると、セルの中に文字が入りきらなくなり、表が縦に伸びてしまう事にもなりかねません。

170429zu7.gif

そこで、テキストボックスと同様、表をコピーした後、[貼り付け]のメニューを出しました。が、テキストボックスの時のように「図」がありませんので、[形式を選択して貼り付け]を選び

170429zu8.gif

貼り付ける形式で「図(拡張メタファイル)」を選択しました。

170429zu9.gif

すると、ご質問のように、表の罫線の一部が飛んでしまいます。ここで表は図になっていますから、サイズを縮小すると内部の文字も共に小さくなってくれますから、当初の目的は果たしているのですが、罫線が消えてしまっては困ります。

170429zu9.gif

これは印刷プレビュー画面です。下の表は、表挿入で作成した本来の表、上の線が縦横2本しか見えない方が図として貼り付けた部分です。

170429zu11.gif

上図は、印刷プレビュー上で、図としてコピーした部分を拡大表示しています。すると、本来削除されてしまったかに見えていた罫線がすべて表示されているのが分かります。つまり、表は図としてキチンとコピーされているという事です。実際に印刷してみると、ちゃんとすべての線が印刷されてきます。画面が表示しきれていないだけの現象のようです。

170429zu12.gif

画面上だけのトラブルのようなので、元々の表の罫線を少し太線にして描いてみました。上図、下が太線で作成したワードの表。上がその表をコピーして「図」として貼り付けたものをドラッグで縮小したもの。罫線も欠ける事無くすべて表示できています。
posted by chiko at 21:15| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする