2018年05月10日

文字数を数えたい

原稿依頼などの場合、「〇〇字以内」などの文字数が定められていることが少なくありません。こういう時、1字ずつ数えていては仕事もはかどりません。ワードには文字をカウントする機能が付いています。

180510count1.gif

ワード上に文字を入力して

180510count2.gif

[校閲]タブの[文字カウント]というボタンをクリックすると

180510count3.gif

「文字カウント」ボックスが表示され、文字数が示されます。

180510count4.gif

全文字でなく、一部の文字数を数えたい場合はあらかじめ範囲選択をして

180510count5.gif

同様に[文字カウント]を選ぶと、範囲指定した部分だけの文字数を数えます。

180510count6.gif

この[文字カウント]ボックスは、実はShift+Ctrl+Gで簡単に表示させることができますし、何よりステータスバー部には「文字数」の情報が表示されています。

180510count7.gif

一部を範囲選択している場合は、全文字数と範囲選択した部分の文字数の双方が示されます。


posted by らぼ at 22:27| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

罫線をドラッグすると、ハングアップしてしまう2

昨日の続きです。実は、データを全選択して新しいファイルに貼り付けたところ、問題なく表を編集することができるようになったのですが、それを保存して再度開くと、全く同じように編集ができなかったようです。仕方なく、再度全選択して新しいファイルに貼り付ける事で、作業を続行させ、仕事としては完了することができたと伺いました。

ファイルの一部が破損しているのだろうと思っています。全選択することで、破損個所もその中に含まれているため、一時的には編集は可能になっても破損個所が無くなってしまったわけではない…といったところでしょうか。今回はこれで事なきを得たようなのですが、私としては気になっています(笑)。

180509hiraku1.gif

もし、試していただけるなら、ファイルを開く際に、[開く]ボタンをクリックするのでなく、右側の▼をクリックして[開いて修復]をやってみていただきたいと思います。あるいは、一旦含まれている「表」を解除して、通常行のデータに戻してから、再度「表」組みにしてみるのも、試したいところです。
posted by らぼ at 22:56| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

罫線をドラッグすると、ハングアップしてしまう

ワードのファイルでお困りでした。以前ワードで作成したファイルを開いて、編集しようとしているのに、罫線を少しドラッグして移動させようとすると、たちまちハングアップして「応答なし」になってしまうので、仕事が進められないとの事。

どうやらファイルが破損しているような気がします。仕方なく、文書を全選択して、新しい文書ウィンドウを開いて貼り付けていただいたところ、スムーズに編集が進められるようになりました。今回はこれで解決ですが、時にすべてコピーして、新しいファイルにしても改善しない場合もあります。破損の原因となっているものも(何かわかりませんが)一緒にコピーして貼り付けてしまうわけで、新規文書でも同様のトラブルになる場合があります。

他の対処方法を確認しておきます。ワードの初期設定では「グラフィックアクセラレータの設定」が有効になっています。グラフィックアクセラレータは、パソコンの画面表示を担当する専用の基板の事です。マザーボードのメイン基板には画面表示を担当する専用のチップが取り付けられているのですが、機種によると画像表示を担当する専用の拡張ボードが付けられている事もあります。本来は、このグラフィックアクセラレータを使うことで、CPUの負担を軽くすることができるのですが、パソコンによるとこのグラフィックアクセラレータが原因となって、ワードのハングアップを引き起こしている場合があります。

180508option1.gif

[ファイル][オプション]を選択し、

180508option2.gif

「詳細設定」を選ぶと、「表示」の項目に「ハードウェアのグラフィックアクセラレータを無効にする」というチェックボックスがあります。初期値ではオフ、つまりアクセラレータは有効になっていると思いますので、ここにチェックを入れてください。

あるいは、IMEの辞書が破損しているケースもあります。辞書が破損していると、いつまでもエラーを起こしてしまいます。

180508option3.gif

IMEインジケータ(あ)の上で右クリックし、「辞書追加サービス」から[辞書設定]を選択します。

180508option4.gif

「Microsoft IMEの詳細設定」ウィンドウが表示されますので、「辞書/学習」タブで「辞書の修復」個所にある[修復]ボタンをクリックしてください。代表的なトラブルを挙げてみましたが、一筋縄でいかないケースもあるかと思います。Windows Updateを怠っている場合、一時ファイルがたまってしまっている場合などにも、オフィスが不具合を起こす場合があります。メンテナンスはキチンとしておきましょう。
posted by らぼ at 21:14| Comment(0) | ワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする