2017年12月23日

複数図形を選択するのに、ShiftキーとCtrlキーはどう違うのですか

複数図形を選択する際、ShiftキーとCtrlキーはどう使い分けているのでしょうか。

171223hukusuu1.gif

ワードやエクセルの図形や画像はクリックで選択することができます。選択すると周囲にハンドルがつきますが、別図形をクリックすることで、前の図形についていたハンドルは外れます。つまり1つだけしか選択できません。複数の図形を同時に選択するには、2つ目以降をクリックする際に、Shiftキーを押しながら選択します。これで複数の図形に同時にハンドルをつけることができます。…と、私はいつも紹介します。

171223hukusuu2.gif

が、エクスプローラなどで、ファイルを選択する際は、Ctrlキーを押しながら複数を選択します。このようにキー操作がShift、Ctrlと異なっているのは、何が違っているのでしょうか?というご質問です。

そうですよね。Windowsではエクスプローラ内でのように、複数ファイルを同時に選択する際、Ctrlキーを押し添えます。Shiftキーを押しながらクリックした場合は、最初に選択したファイルから連続で全て選択する操作になります(末尾を定めるキー操作です)。Windowsでは複数を選択する際は、Ctrlキーを使うようになっているのです。

ですから、実はワードやエクセルの画面で複数図形を選択する際にも、2つ目以降をCtrlキーを押しながらクリックしても良いわけです。エクスプローラ内と揃えて、両方Ctrlキーで複数の選択が可能です…と言った方が分かりやすいのかも知れません。が、Ctrlキーは「コピー」を誘います。クリックで選択するのは問題無いのですが、操作を急いでいたりすると、たまにクリックの手元がズレてドラッグのように引っ張ってしまう事があります。その時に、Ctrlキーを押しながら操作していると、図形のコピーが実行されて、図形の数が増えてしまうのです。その点、Shiftキーを利用すると、多少マウスの手元が狂ってもコピーは起こりません。これが、ワードやエクセルで複数図形選択にShiftキーをご案内する1つ目の理由です。

171223hukusuu3.gif

また、ワードやエクセルではなく、例えばイラストレーターなどのAdobe製品を使っていると、複数図形を選択するのには、2つ目以降をShiftキーを押しながら選択します。Ctrlキーでは同様の操作ができません。…という事で、ワードやエクセルでShiftキーを複数図形の選択に使っている方が、Adobe製品との違和感が生じません。将来的にIllustratorやIndesignなどを使った場合、すんなりと操作ができるかと思います。これがワードやエクセルで、複数図形の選択の際にShiftキーをお勧めしている2つ目の理由です。
posted by らぼ at 21:04| Comment(0) | Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

フォルダーを「あいうえお」順に並べたい

ワードやエクセルでファイルを開く際、[ファイルを開く]ダイアログボックスまで表示させて、ウィンドウ内のフォルダーを「あいうえお」順に並べられないでしょうか?とのご質問です。

171122hiraku1.gif

ワード2010での[ファイルを開く]ダイアログボックスです。このフォルダー(もしくはファイル)の表示の仕方は何種か切り替えることができるようになっていますが、

171122hiraku4.gif

これを「詳細」にしてください。ウィンドウ右上のボタンからメニューを表示させて、切り替えることができます。

171122hiraku2.gif

並んでいるフォルダーの一番上に「名前」「更新日時」「種類」「サイズ」など項目名の部分が付いていますが、ここはクリックで並び順を切り替えられるようになっています。そこで「名前」の箇所をクリックしてみてください。

171122hiraku3.gif

並んでいるのが「アクセス…」「インターネット」「エクセル…」「カレンダー」等々、「あいうえお」順になっているのがお分かりになりますでしょうか。勿論これは、「カタカナ」「ひらがな」「漢字」などを交えた上での「あいうえお」順ではなく、正確には「JISのコード順」に並んでいます。JISコードでは、「アルファベット・数字」「カタカナ」「ひらがな」「漢字」の順にコードが付いていますので、その順に並びます。同じ「カタカナ」同士の中では「あいうえお」順に並ぶことになりますから、「アクセス」「パワーポイント」「ワード」「書類」「年賀状」…と並ぶことになり、「アクセス」「書類」「パワーポイント」「年賀状」「ワード」とはなりません。カタカナ、漢字を交えて「あいうえお」順というのは、少し無理かと思いますので、名前をつける段階で、一応頭に置いておかれると良いかと思います。

如何でしょうか。
posted by らぼ at 17:17| Comment(2) | Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

wps officeをインストールしたらワードのアイコンが変わってしまった

以前のKINGSOFT Officeは、今WPS Officeに名を変えています。中国の金山軟件有限公司が販売しているもので、Microsoft社のOfficeと完全な互換性があるとうたい、Officeであるにも関わらずかなり安い値段設定になっています。そのため「Officeが入っています」と言って販売されているパソコンにプレインストールされているものがかなりあります。

そのWPS Officeをインストールしてしまったら、ワードやエクセルのファイルアイコンがすべて、変更されてしまった…そうです。勿論、WPS Officeをアンインストールすれば、すべて元に戻ります。が、温存したままで、従来のMicrosoft Office製品のファイルを元に戻したいというもの。

170728kingsoft1.gif

Wordに相当するのは「WPS Writer」という名ですが、保存命令を出すと上図のように形式を選択することができるようになっています。本来のWPS Writerのファイルは拡張子が「.wps」ですが、Microsoft社のOfficeとの完全互換をうたっているため、「.doc」や「.docx」などの拡張子を指定する事もできるようになっています。

170728kingsoft2.gif

そのため、作成したdocxファイルは、従来のMicrosoft社のアイコンとは異なるものになります。新たに作成したファイルのデザインが異なるのは良いのですが、これまでMicrosoft Wordで作成したすべてのファイルのアイコンデザインが変わってしまいます。

170728kingsoft3.gif

勿論、このファイルをダブルクリックすると、WPS Writerが立ち上がります。これを従来のWordに戻すには、ファイル上で右クリックし[プログラムから開く]で「別のプログラムを選択」を選びます。[プログラムから開く]からすぐ「Microsoft Word」を選択することはできますが、それでは今回のファイルを開くのにワードを使用するという命令を出すだけで、すべてのファイルに適用はされません。

170728kingsoft4.gif

「このファイルを開く方法を選んでください」と出て来るので「Microsoft Word」を選択し、「常にこのアプリを使って.docxファイルを開く」にチェックをつけてOKしてください。ワードを使用する設定にはできるのですが、アイコンデザインは変更されませんでした。

170728kingsoft5.gif

プログラムの「WPS Office」から「詳細設定」を選択すると

170728kingsoft6.gif

「詳細」を選択することができ、

170728kingsoft7.gif

「以下のチェックボックスをオンにすると、各ファイルをWPS Officeに関連付けます。」という項目があって、すべてチェックが入っています。そのために、docxファイルがWPS Officeに関連付けられてしまっているようです。

170728kingsoft8.gif

チェックを外して、WPS Officeのデザインではなくなりましたが、Microsoft本来のデザインアイコンに戻りません。仕方なく、コントロールパネルの中の「プログラム」から「既定のプログラム」「あるファイルの種類を特定のプログラムでオープン」を選択。

170728kingsoft9.gif

拡張子「.docx」や「.doc」を選んで[プログラムの変更]ボタンから、再度「Microsoft Word」を選択する事で、

170728kingsoft.gif

アイコンデザインもすべて戻りました。なんとも人騒がせなソフトです。

posted by らぼ at 21:27| Comment(0) | Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする