2017年11月23日

プッシュ通知を切りたい

時々、画面の右下からヒュッと出てくるのですが、どうしたら良いですか?…というご質問を伺います。お気持ちはすごく分かるのですが、「右下からヒュッと、何が出るのですか?」「さぁ…」という笑い話が良くあります。「主語が大切です」…と、良く話します。「〇〇が出てくるのですが」とお尋ねいただかないと…、分かるものも分かりません。

171123daily1.gif

今日は、右下から「コレ」が出るのですけれど…と、画面ショットを見せていただきましたので、トテモ良く分かります。「www.daily.co.jp」というサイトからの通知が表示されているようです。これをうっとうしいから、出ないようにしたい…との事でした。

まず、このウィンドウが表示されているタイミングであれば、右下の歯車のマークをクリックする事で、設定に入れます。

171123daily2.gif

そのタイミングを逸したのであれば、ブラウザの設定画面を開きます。Firefoxを使っているとの事でしたので、Firefoxの右上の「三本線」のマークからメニューを表示し、「オプション」を選択します。

171123daily3.gif

[オプション]画面で「プライバシーとセキュリティ」を選択します。

171123daily4.gif

画面を下にどんどんスクロールすると「通知」という箇所が見つかります。右の「設定」ボタンをクリックしてください。

171123daily5.gif

通知の許可/不許可を指定するウィンドウが表示されます。表示していたのは「www.daily.co.jp」でしたから「https://www.daily.co.jp」のウェブサイトを選択して、「現在の設定」が「許可」になっているところをクリックして「不許可」に変更してください。これで、このプッシュ通知は以後出なくなるはずです。
posted by らぼ at 15:57| Comment(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アドレスバーに赤い斜線が表示されます

Firefoxで当ブログを閲覧されている方がおられましたら、お気づきかも知れませんが

171120ssl3.gif

アドレスバーに、鍵マークが赤の斜線で引かれています。

今日はこれについて…。最近セキュリティ強化のための対応として、様々なWebサイトでSSL化の対応が促されています。SSLとはSecure Sockets Layerの略。あるいはTLS(Transport Layer Securityの略)というのもあります。共に、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。Webサイトから情報を送信する際に、情報を暗号化するために利用されます。ネットショッピングなどをする機会も多いかと思いますが、通信が暗号化されていないと、カード情報や個人情報などが盗み取られる危険があります。あるいは、なりすましや改ざんなどの被害に遭う可能性もあります。

171120ssl2.gif

171120ssl1.gif

SSL/TLSを採用しているページの場合、アドレスバーに鍵のマークが表示されます。またSSL化の対応が行われているWebサイトのURLは「http://〜」の部分が「https://〜」と表示されます。

Firefoxでは、SSL化の対応が行われていないWebサイトには、上述の赤い斜線や注意のメッセージが表示されるようです。私が利用しているSeesaaブログは、未だSSL化が行われていないため(言い換えるとhttp://…のため)、このマークが表示されています。Seesaaブログでも、SSL化の予定はあるようで、順次変更になるかとは思います。その目で見ていただくと、「http://〜」のWebサイトは、まだまだたくさんあります。閲覧には特に支障はありませんので、ご安心ください。
posted by らぼ at 18:16| Comment(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

Internet Explorerの設定画面を消したい

しばしば、InternetExplorer11の初期設定画面が表示されるという事です。

171104ie1.gif

この画面は、IE11の初期設定画面で、恐らくこれが出ると、「変な事をしては不味い」という警戒感から「後で確認する」を選択、もしくは「×」で閉じておられるのではないでしょうか。「後で確認する」を選択しておくと、しばらくしてからまた尋ねてくるはずです。

「お勧めのセキュリティと互換性の設定を使う」か「奨励設定を使用しない」かのどちらかを選択して、OKをすると、以降は一々設定を尋ねて来ないはずです。

この2つのどこが違うか…と言うと、

171104ie2.gif

「SmartScreenフィルター」機能が有効か無効かとか

171104ie3.gif

「Microsoft互換性リスト」を使用するか否か…などの違いがあるそうです。が、上図のように後から任意に変更することも可能な機能です。ここは「お勧めのセキュリティと互換性の設定を使う」というMicrosoft社のお勧めに従っておかれるのも手かと。
posted by らぼ at 17:55| Comment(2) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする