2018年05月07日

廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達し、印刷できません

今までプリンタは何台か使って来ました。大抵、プリンタが故障して、修理の費用を考えると、新規で購入した方がよほど得といった状況になって、買い替えるに至る…というのがいつもの経緯です。修理が1万円程度かかってしまうと、実際には1万円程度出せば新しいプリンタが手に入るからです。持ち運びできるプリンタが欲しいと思った時があり、修理費を出して修理しようと決意し(笑)、電気店に持ち込んだのですが、店員さんにものすごく反対されました。「1万円出せば新しいプリンタが買えますから!」と勧められ、それでも修理すると決めて出向いたので、「いや、今回は修理したいと思っています」と言ったのですが、「まぁ一度見てください。これで9,800円で買えるんですよ!!」みたいに押し切られた覚えがあります。持ち運びできるように欲しいと思ったまででしたら、店員さんに説得されて、結局は修理も購入もやめました。

前置きが長くなりましたが、現在使っているプリンタは、しばらく前から「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近づいています。お早めにお買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼ください。」といったエラーメッセージが出るようになって来ました。ただこのメッセージ、「OK」で対処すると、そのまま印刷ができていたのですが、ついに(笑)「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。お買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼ください。」のメッセージに変わり、「OK」ボタンも「キャンセル」ボタンも表示されなくなりました。ただ「電源オフ」のボタンがあるだけで、当然電源をオフにすると、プリンタは使えなくなります。再度電源を入れても、同じエラーメッセージが出て、使うことができなくなりました。

廃インク吸収パッドというのは、クリーニング時や印刷中に排出される廃インクを吸収する部品で、限界を超えると、かなり高額な修理費用がかかるようです。勿論、キチンと修理してきれいにするのが一番です。…が、もう少しだけ印刷できたらという時に、プリンタがうんともすんとも言わなくなるわけで、チョット困ってしまいます。そういう時に、エラーをリセットする方法があります。Wic Reset Utilityを使うことで、廃インクタンクのカウンタをリセットすることができるようなのです。

Wic Reset Utilityは(http://www.2manuals.com/WIC/wicreset.exe)でダウンロードすることができます。解除キーを購入(1,000円程度)することで、カウンターをリセットすることができます。但し、あくまで自己責任でお願いします。しかも解除キーの欄に「trial」と入力することで、一度だけ無料でリセットが可能です。それも10%程度だけ回復できるとの説明ですから、すぐに修理が必要になります。解除キーを購入しても40%程度の回復のようで、しかも一度この解除ソフトを使用すると、廃インクパッドエラーについてはメーカー保証は受けられなくなる可能性があります。

キチンと修理をする気があるのなら、解除ソフトは使うべきではありません。今すぐ修理してください。でも、そろそろ買い替えるつもりで、後1週間だけ動いてくれれば…といったような状況であれば、試す価値はあるかも知れません。繰り返しになりますが、あくまで自己責任でお願いします。
posted by らぼ at 22:05| Comment(4) | プリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

通常使うプリンターに設定したい

Windows8までは、プリンタの中で「通常使うプリンター」というのを設定することができ、一時的に異なるプリンタを使用しても、次に印刷するときは、通常使うプリンターに戻っていました。が、Windows10になってからは、「直前に使ったプリンター」が優先される設定が基本となっていて、一時的に異なるプリンタ使用後は、うっかりするとそちらのプリンタに印刷命令が出てしまいます。もちろん、印刷時にプリンタを確認して切り替えればよいのですが、つい慌てて[印刷]ボタンを押してしまうことが多いので、二度手間を何とかできませんかというご質問。

私の場合は、通常使うプリンタが一つしかなくて、必ずそれで印刷をするので、プリンタの選択でイライラしたことはあまりありませんでした。

180127printer1.gif

[スタート]ボタンから、歯車マークの[設定]を選んでください。

180127printer2.gif

「Windowsの設定」の[デバイス]を選択します。
180127printer3.gif

プリンターの一覧の下の方に「Windowsで通常使うプリンターを管理する」というチェックボックスがあり、初期値ではチェックが入っているはずですので、このチェックを外してください。
180127printer4.gif

そのうえで、プリンターの一覧の中から、通常使うプリンタを選択してクリックし、[管理]ボタンを押します。

180127printer5.gif

デバイスの管理画面に来ると「既定として設定する」というボタンがありますのでこれを押して既定にしてください。

180127printer.gif

通常使うプリンターとして「既定」の文字が表示されるはずです。これで、一時的に異なるプリンタを使用しても、次回はこちらの既定のプリンタに設定が戻るはずです。
posted by らぼ at 20:18| Comment(4) | プリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

罫線がガタガタに印刷される

コメント欄にご質問をいただいていたようなのですが、私はウッカリ見落としてしまったのでしょうか、大変申し訳ありませんでした。「縦線はきれいに印刷されるのですが、横線がずれます。…」といった症状のご相談をいただいていたようです。

既に試されているように、エクセル、ワード双方で起こっているようですので、ソフト側の問題ではなく、プリンタ側の問題だろうと思われます。こういった現象の時に、一番可能性のあるのは「プリントヘッド」がズレている場合です。プリントヘッドは左右どちらに移動するときにもインクを吐出していますので、左右の吐出位置がずれることで、このような現象が起こってしまいます。

既にお試しいただいて、改善しなかった…との事ですが、プリンタのプロパティで「印刷位置チェックシート」などをテストプリントし、一番縦筋が目立たないパターンの番号を選んで調整する…という方法があります。私が使用しているEpson製のプリンタでは「ギャップ調整」といった名称になっていました。ともかく、これはお試し済み…のようですので、話を先に進めます。

これで印刷が改善しない場合、もう一か所プリンタドライバーの印刷設定の変更をお試しください。同じく「詳細設定」や[プリンターのプロパティ]をクリックして、プリンタードライバーの印刷設定画面で「双方向印刷」のチェックを外して「単方向印刷」に変更してみてください。上述したように、通常はヘッドが左右どちらに移動した時にもインクを吐出することによって、位置のズレが起こっている可能性があります。これをどちらか片方にヘッドが移動する時にだけインクが吐出されるよう、設定を変更することで、ズレが防げる可能性があります。

但し、「双方向印刷」をオフにする設定は、お使いのプリンタによって多少異なりますので、少しプリンタドライバー内を探してみていただけませんでしょうか。ヒントになるか分かりませんが、我が家のEpson PMA820の画面を参考までにアップしておきます。

171226printer1.gif

プリンタのプロパティを選択します。

171226printer2.gif

「基本設定」タブの「印刷品質」の箇所から[詳細設定]を選びます。

171226printer3.gif

右肩に「双方向印刷」のチェックボックスがあります。

posted by らぼ at 18:47| Comment(2) | プリンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする