2018年07月02日

エクスプローラ内デスクトップにあるはずのファイルが見えません

皆で[エクスプローラ]の学習をしていた時のことです。

180702explorer1.gif

デスクトップ上に「sakura.docx」と「桜.docx」の2つのワードファイルが置いてありました。

180702explorer2.gif

[エクスプローラ]のナビゲーションバー(左側)で、「PC」を展開し、その中の「Windows7(C)」を展開(家で使っている愛機はWindows7機なのです)、更に「ユーザー」を展開し、「Owner ]の下にある「デスクトップ」を選択したところ、右側のメインウィンドウにデスクトップ上のファイルが見えて来るはずなのですが…上図にあるように「桜.docx」しか表示されません。

この状況を我が家で再現するのに、とても苦労しました(笑)

本物のデスクトップ上には(この記事のトップ画像のように)2つのファイルが配置されていたのに、エクスプローラの中には一方しか見えない…という事態が起こっています。これは一体何?

180702explorer3.gif

実際のデスクトップ上に配置されている「桜.docx」(エクスプローラ内から見る事のできたファイル)を右クリックして[プロパティ]を選択してみると、上図のようなプロパティウィンドウが開いて、ファイルの情報を見る事ができます。「場所」という項目がありますが、そこには「C:\Users\Owner\Desktop」と記載されています。つまり、先ほど開いていたエクスプローラの場所です。

180702explorer4.gif

実際のデスクトップにはファイルが2つ並んで見えているので、今度は「sakura.docx」の方のファイルを右クリックし[プロパティ]を選択してみます。場所に書き込まれている情報は「C:\Users\Public/Desktop」となっています。お気づきででしたか?

180702explorer5.gif

エクスプローラからハードディスク内の「ユーザー」フォルダを開いていくと、確かに「Owner 」以外に「パブリック」というのがあるのがわかります。他に「net」とか「Default」といったフォルダも見えていますが、これらは渡した「ユーザー」を追加しているせいです。

180702explorer6.gif

今度は、エクスプローラから改めて「PC」項目下の「パブリック」を選択してみると、その下には「パブリック デスクトップ」というのが存在しています。クリックして選択すると、右側のメインウィンドウにデスクトップ上のファイルが表示されるはずですが、これ!これ!(笑)。本来のデスクトップには2つのファイルがあったにもかかわらず、エクスプローラは見えなかったファイルです。

結論
[エクスプローラ]からは、パソコン内部場所に正しくアクセスすることができます。1台のパソコンには複数のユーザーを作成することができるようになっていますが、エクスプローラ内からユーザー名を選択してたどり着くデスクトップは、あくまでその人個人用の(選択したユーザー名の方の)純粋なデスクトップに他なりません。

パソコン起動時、最初に見えて来るデスクトップは、Owner以外の「パブリック」のデスクトップも同時に表示していたのです。そのために、実際にデスクトップに置かれているファイルと、エクスプローラ内から表示させたデスクトップ上のファイルは数が違っていたようです。解決してしまえば、なんだぁ…です。ただ、なぜ「パブリック」のデスクトップにファイルを保存してしまわれたのかは、未だに「謎」です。
posted by らぼ at 21:48| Comment(4) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

起動時にすぐにワークシートを表示させたい

エクセル2013になってから、起動時に「スタート画面」が表示されるようになりました。

180701new1.gif

従来は、いきなりワークシート画面が表示されたのですが、2013以降は上図のようなスタート画面で始まります。左側の緑色の領域には過去に編集したファイルの一覧が並びますので、そこからすぐにファイルの編集作業を続けることができるようになりました。最下部人は「他のブックを開く」という項目も設けられていますので、指定の場所からファイルを開くことができます。また右側部分からは「新規」の仕事をスタートさせることができ、一番よく使用するのが「空白のブック」かと思われます。あとはテンプレートを呼び出すことができます。開発の意図はよくわかるのですが、新規で仕事を始める事が多い人は、この「スタート画面」のひと手間が煩わしいと思われるようで、何とかならないの?と聞かれました。

まず「空白のブック」を選択することで、ワークシートに入れるのですが、それ以外に「Esc」キーが有効な事はご存知でしょうか。意外とご存じなくて、ご紹介すると喜ばれることが良くあります。但し、常時「空白のブック」からスタートするようにしたい…と思われるのでしたら、設定を変更することができます。

上のスタート画面が表示されましたら、緑部分最下部の「他のブックを開く」を選択してください。

180701new2.gif

バックステージと呼ばれている画面に入ります。もちろん一旦ワークシートに入ってから[ファイル]タブをクリックしていただくのと全く同じです。このバックステージから[オプション]を選択します。

180701new3.gif

「Excelのオプション」ウィンドウで、「基本設定」の最下部に「起動時の設定」という個所があり、「このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する」というチェックボックスがあり、デフォルトでチェックがついていますので、このチェックを外してください。

180701new4.gif

次回、エクセルを起動すると

180701new5.gif

最初からワークシート画面で立ち上がるようになります。

ワードも同様で、2013以降「スタート画面」から起動し、「白紙の文書」を選択することで、いつもの入力ウィンドウが現れます。これも同様にESCで閉じたり、同じ操作で回避することができます。

180701new6.gif

「ワードのオプション」にも「このアプリケーション起動時にスタート画面を表示する」というチェックボックスがありますので、チェックを外してください。

180701new7.gif

最初から入力画面が表示されるようになります。
posted by らぼ at 09:16| Comment(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

音量アイコンが反応しない

画面右下の「通知領域」にある[スピーカー]アイコンが、クリックしても何も起こらなくなってしまいました。

180627speaker1.gif

画面の右下には「スピーカー」のアイコンが表示されていて

180627speaker2gif.gif

クリックすることで、ボリュームコントローラーが表示され、音量調節ができたのですが、スピーカーアイコンをクリックしても無反応になってしまいました。

180627speaker3gif.gif

画面下のタスクバー上で右クリックをすると[タスクバーの設定]を選択します。

180627speaker4gif.gif

「タスクバー」の項目で「タスクバーに表示するアイコンを選択します」の個所をクリックして

180627speaker5gif.gif

アイコンの一覧の中の「音量」を一旦オフにし、パソコンを再起動させます。もう一度「タスクバーに表示するアイコンを選択します」の個所から、再度「音量」をオンにします。これで、ボリュームコントローラは無事に表示されるよう戻りました。
posted by らぼ at 23:45| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする